ワーナー・ディアンズ

Warner Dearns

ワーナー・ディアンズ
  • 生年月日

    2002年4月11日

  • 出身

    ニュージーランド

  • 所属

    東芝ブレイブルーパス東京

  • ポジション

    LO(ロック)

  • 身長/体重

    202cm/124kg

  • 主な経歴

    流通経済大学付属柏高校

  • 日本代表キャップ

    1
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Twitter :@warner_dearns
    Instagram :@warner.dearns

COMMENT

2021年秋に日本代表デビュー。身長202cm、ニュージーランド出身の19歳

ニュージーランドで4歳のときラグビーを始めたが、長身のため、どちらかというとバスケットボールを熱心にプレーしていたという。NECのS&Cコーチだった父親と一緒に中学校2年時に来日し、あびこラグビースクール時代は千葉県選抜にも選出された。

流通経済大学付属柏校に進学し、2年時はLO(ロック)として大会史上最高身長選手として花園に出場した。3年時はスピードと運動量が買われてバックローとしてもプレーし、チームの2年連続花園ベスト8入りに貢献し、大会優秀選手に選ばれた。

高校時代はニュージーランドに戻り「オールブラックス」こと、ニュージーランド代表になることも夢見ていたが、高校卒業後は大学には進学せず、同じニュージーランド出身で憧れのリーチ マイケルのいる東芝に入団し、日本代表を目指すことを決めた。

東芝に入ってからすでに体重は10kg増えて122kgとなり、身長は1cm増えて202cmになったという。今秋、19歳でNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)に呼ばれ、日本代表合宿に参加。欧州遠征の出発直前にケガ人が出たため、日本代表に名を連ね、ポルトガル代表戦で途中出場し初キャップを獲得した。

ポテンシャルは東芝、日本代表コーチ陣の認めるところだ。まずはリーグワンで活躍し、尊敬する神戸製鋼でもプレーしたオールブラックスのLOブロディ・レタリックのような世界レベルの選手となって、日本代表としてワールドカップ出場を目指す。

◆身長185cmの母ターニャさんはネットボールのニュージーランド代表選手で、代表チームでコーチも務めていたという。日本語はめきめき上達し、来日してから書道も始めて、「書の甲子園」と呼ばれる国際高校生選抜書展で秀作賞を受賞した(現在はやっていないという)。

TEXT by 斉藤健仁

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE