J SPORTS 4 おすすめ番組

J SPORTS 4

8月番組の見どころ

Cycle*2020 ツール・ド・フランス

全サイクリストが出場を夢にみる世界最大のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」。
当初は6月27日に開幕する予定だったものの、新型コロナウイルスの影響により延期。
晴れて8月29日開幕が決定した第107回大会は例年通り全21ステージ。
総合優勝争いはこの2チームを軸にフランス希望の星ティボー・ピノや、今年絶好調のナイロ・キンタナ、バーレーン・マクラーレンに移籍したミケル・ランダなど豪華な顔ぶれが総合優勝争いを盛り上げてくれるだろう。
ペーター・サガン、カレブ・ユアン、フェルナンド・ガビリア、エリア・ヴィヴィアーニなど超一流のスプリンターによるスピード勝負も見逃せない。

J SPORTS 4では「チーム プレゼンテーション」と全21ステージを生中継!

Cycle*2020 ツール・ド・フランス

2020 Jリーグ YBCルヴァンカップ

J1リーグ、天皇杯と並び、日本サッカー三大タイトルの一つとして数えられる「YBCルヴァンカップ」。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により開幕戦後、長期の中断が続いていたがついに再開される。
シーズンが大幅に短縮となった今年は大会方式が変更。
過密日程に加え、短いグループステージ。勢いに乗るのは果たしてどのチームか!?

J SPORTS 4ではグループステージ第2節 Bグループ「清水エスパルス vs. 名古屋グランパス」、グループステージ第3節 Bグループ「ベガルタ仙台 vs. セレッソ大阪」を生中継!

2020 Jリーグ YBCルヴァンカップ

Cycle*2020 クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ

今年で72回目の開催となるクリテリウム・ドゥ・ドーフィネ。
当初は6月中旬に開催される予定だったものの、新型コロナウイルスの影響により延期。
このレースは、世界最大のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の前哨戦ともいわれており、同レースとともに8月に開催されることとなった。

J SPORTS 4では全5ステージを生中継!

Cycle*2020 クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ

Cycle*2020 ツール・ド・ラヴニール

U23版ツール・ド・フランスと呼ばれる「ツール・ド・ラヴニール」。 未来へのツールという意味を持つこの大会は、名前の通り未来のスター選手を多く輩出してきた。
1982年グレッグ・レモン、1986年ミゲル・インドゥライン、1988年ローラン・フィニョン、2010年ナイロ・キンタナ、2017年エガン・ベルナル、2018年タデイ・ポガチャルなど歴代総合優勝者はなんとも豪華な顔ぶれだ。
未来のツール・ド・フランス総合優勝者になるだろう若者たちの激闘に目が離せない!

J SPORTS 4では第5ステージと最終の第6ステージを生中継!

Cycle*2020 ツール・ド・ラヴニール

Cycle*2020 フランス選手権

毎年多くの国でツール・ド・フランス直前に行われるナショナル選手権。
この大会で勝利することができれば国旗をモチーフにした特別なジャージで1年間走ることができる。
その中でも大きな意味を持つのが「フランス選手権」だ。
勝利した選手は「ツール・ド・フランス」をトリコロールカラーのジャージで走るという栄光を手にする。
ツール・ド・フランスに向けたフランス人同士の熱い戦いは必見だ。

Cycle*2020 フランス選手権

チャレンジカップ2020

オランダスケート連盟が主催し、国際スケート連盟の規定に従い開催されるチャレンジカップ。
そのジュニア部門に日本からは吉岡希、吉岡詩果、千葉百音が出場。
今大会は国際B級大会に位置づけられるものの、男子で吉岡が、女子で千葉百音が優勝し、男女シングルのアベック優勝を飾った。
そんな今大会のジュニア男女シングルを放送。

チャレンジカップ2020

メジャーリーグ中継2020

7月下旬に開幕するメジャーリーグ。
注目は大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の投手復帰。
実践想定の投球練習を行っている模様が自身のインスタグラムでも公開されるなど、開幕から投手復帰の期待も大きい。
さらにオフにメジャーを代表するバッターの1人アンソニー・レンドンを獲得し打線が充実しているロサンゼルス・エンジェルスにとって、大谷の先発投手としての復帰はチームの勢いを加速させるものとなる。
また、その他の日本人選手に目を移すと筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の今季からメジャーリーグ挑戦の3選手は、ここでメジャーリーグに順応し、その実力を発揮できれば彼らのプレーする姿を多く見ることができるだろう。

J SPORTSでは、田中将大・大谷翔平・筒香嘉智ほか、日本人選手出場試合を中心に注目試合を生中継!

メジャーリーグ中継2020

第58回北九州オープンフィギュアスケート競技会 ~飯塚アイスパレス杯争奪大会(飯塚杯)~

福岡県スケート連盟に所属し日本スケート連盟バッジテスト級6級・7級を有する選手を対象に福岡県飯塚市で行われている大会。
2019年大会は男子シニア 日野龍樹、女子シニア 永井優香が優勝。
またISUの国際大会にも出場している樋口新葉、須本光希も出場した。
選手にとっては、全日本選手権の地区大会に向けた前哨戦にあたり、そのシーズンの出来を試す重要な場になっている。

J SPORTS 4では、シニア・ジュニアそれぞれの男女シングルを放送!

飯塚杯

FIA フォーミュラE選手権 19/20

2014年から始まった国際自動車連盟(FIA)が主催する電気自動車のフォーミュラカーレース「FIA フォーミュラE選手権」。
“電気のF1”とも呼ばれる本シリーズの第6シーズンにあたる19/20シーズンは初開催の韓国「E-Prix」を含む全14レースで構成されていたが、新型コロナウイルスの影響により長期の中断。
通常であればシーズン終盤戦となるこの時期、開催レース数を増やすための苦肉の策としてコースレイアウトや走行方向を変えるなど工夫し、同一会場で複数レースを行うこととなった。

J SPORTS 4では第10戦・第11戦の予選・決勝を放送!

FIA フォーミュラE選手権 19/20

ISUフィギュアスケートアーカイブ

日本人選手が活躍した、思い出に残るフィギュアスケート国際大会をプレーバック!今回は2大会を放送!

【2013年 四大陸選手権 男子シングル】
大阪で開催されたフィギュアスケートの国際競技会。
国際スケート連盟による、アフリカ、アジア、アメリカ、オセアニアの4大陸の各国選手を対象に行われている。
羽生はシングル2位という結果に終わった。

【2013年 世界選手権 男子シングル】
カナダで開催されたフィギュアスケートの世界選手権(フランスでの開催は2006年以来となる7年ぶり)。
男子シングルでは、ショートプログラムでミスが続き9位と出遅れた羽生結弦。
表彰台は逃したものの、気持ちの強さを見せた大会だった。

ISUフィギュアスケートアーカイブ

J SPORTS STADIUM2020

再び球場から熱い声援が飛び交う夏の到来に期待が高まる8月!
昨シーズン3位まで順位を上げた東北楽天ゴールデンイーグルスが三木肇監督の下でさらなる飛躍を狙う!
昨年、33本塁打・92打点を記録している浅村栄斗とJ.ブラッシュの長打力を武器に得点力の向上が期待される一方で、投手陣はエース則本昂大の仕上がり具合に注目だ。
オープン戦全14試合に出場し、無失策・本塁打も放つなど守備と打撃でもアピールしたドラフト1位ルーキー・小深田大翔にも大きな期待がかかる。
今シーズンから鈴木大地、キャプテン・茂木栄五郎ら内野手争いからも目が離せない。

プレーボールからゲームセットまで広島、中日、楽天イーグルス、オリックスの主催試合を生中継!
※ 上記の番組内容は、球団および視聴形態によって一部異なる場合があります。

J SPORTS STADIUM2020

SUPER GT2020

トヨタ、日産、ホンダの3大メーカーが参戦し、世界最速といわれるGTカーが激戦を繰り広げる「SUPER GT」。
チームや関係者の移動による感染リスク低減のため、使用サーキット数を制限して開催されることが発表された今シーズン。
国内では「富士スピードウェイ」「鈴鹿サーキット」「ツインリンクもてぎ」に限定して開催されることとなるだけに、今季は例年以上にチームの戦略が勝負のカギを握ることになりそうだ。

J SPORTS 4では、無観客開催となる第2戦 富士スピードウェイ、第3戦 鈴鹿サーキットの決勝を生中継!

SUPER GT2020

WWE スマックダウン

20周年を迎えて生まれ変わった「スマックダウン」。
WWEを自身の庭と語る"ビッグ・ドッグ”ロマン・レインズや、神出鬼没に次々と襲いかかる“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットなどのスーパースターの活躍はもちろん、唯一無二の日本人スーパースターとなった“キング・オブ・ストロングスタイル”中邑真輔によるチャンピオン争いに注目!
土曜日は世界最高峰エンターテインメントWWE スマックダウンに熱狂せよ!

J SPORTS 4では毎週「英語版」の生中継(8/8、22を除く)に加え、「字幕版」を放送!

スマックダウン

WWE ロウ

「ロウ」は2020年に27周年を迎えた長寿番組。
規格外のパワーで相手をなぎ倒す“野獣”ブロック・レスナーや、自らを“ロウの救世主”と語り自由に暴れまわるセス・ロリンズらを中心としたチャンピオン争いに注目!
また、ロウ女子王者となったアスカやカイリ・セイン、戸澤陽ら日本人スーパースターたちの活躍からも目が離せない!
世界最高峰エンターテインメントWWEの看板番組「ロウ」をお見逃しなく!

J SPORTS 4では毎週「英語版」の生中継に加え、「字幕版」を放送!

戸澤

スーパーラグビー2020オーストラリア

世界最高峰のラグビーリーグ「スーパーラグビー」!
ニュージーランドに続き、オーストラリアカンファレンスでも再始動!
5チームにより10週にわたるレギュラーラウンドを戦い、上位3チームがトーナメント方式で優勝を争う。
優勝候補の筆頭はブランビーズ。オーストラリアを代表する強豪チームであり、2回のスーパーラグビー優勝実績を誇る。
昨年はオーストラリアカンファレンスで1位となり、オーストラリア勢で唯一プレーオフに進出しているだけに、今年も期待値は高い。

J SPORTS 4では第8節「フォース vs. レッズ」、第9節「ブランビーズ vs. フォース」を生中継!

スーパーラグビー2020

J SPORTS 4は、MLB、サッカー、ツール・ド・フランスなどサイクル、SUPER GTやフォーミュラEなどモータースポーツ、フィギュアスケート、WWEスマックダウン、ロウ等注目のスポーツを長時間生中継!

視聴方法について

ケーブルテレビでご視聴の方は
オプションチャンネルへのご加入が必要です。

月額 1,300円(税抜)

※一部ケーブル局を除く

J:COMで
J SPORTS 4を見る

お電話でのお申込みはJ:COMカスタマーセンター

0120-999-000
電話をかける

スカパー!では、
J SPORTS 1、2、3、4セット等でご視聴いただけます。

詳細はこちら