J SPORTS 4 おすすめ番組

J SPORTS 4

10月番組の見どころ

Cycle*2020 パリ~ルーベ

長い歴史を持つワンデークラシックレースが毎週続く「春のクラシックシーズン」の中でも特別な響きを持つレースがこの「パリ~ルーベ」。またの名は「北の地獄」。地獄と呼ばれる由縁は、全長約250kmコースのうち50km以上が石畳という厳しいコース設定にある。
例年「春のクラシックシーズン」に行われていた今大会だが今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期され10月開催となった。加えて、世界三大サイクルロードレース(グランツール)の「ジロ・デ・イタリア」「ブエルタ・ア・エスパーニャ」の開催スケジュールと重複しているため、山岳コースを嫌う重量級クラシックレーサー達の今まで以上の活躍が見られるだろう。

J SPORTSではパリ~ルーベをスタートからフィニッシュまで生中継!

Cycle*2020 パリ~ルーベ

Cycle*2020 ツール・ド・フランス 21日間の裏側

全サイクリストが出場を夢にみる世界最大のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」。新型コロナウイルスの影響により開催延期となった今大会。特異な環境の中、選手たちはどのように21日間を戦ったのか?チームバスやホテル内、チームカーの中など、レース中継では見ることのできないツール・ド・フランスを全21話でお届け!世界一のレースだからこそ見せる選手、チームの歓喜と悲哀をお届けします!

J SPORTSではツール・ド・フランス2020 21日間の裏側を第1話から第11話まで放送!

Cycle*2020 ツール・ド・フランス 21日間の裏側

Cycle*2020 ブエルタ・ア・エスパーニャ

例年8月に開幕する世界三大サイクルロードレース(グランツール)の最終戦、ブエルタ・ア・エスパーニャ。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて10月に延期。そのうえ、今大会予定されていたオランダ ユトレヒトでのスタートが無くなるとともに、ポルトガルを通過するコースも開催ができなくなり、それに伴ってステージ数も例年の21ステージから、全18ステージで行われる。
コース設定も異例なことだが、今年は開催スケジュールが何よりも異例だ。“世界三大サイクルロードレース(グランツール)”の名前のとおり、世界のトップ選手たちがこぞってタイトルを狙う今大会だが、今年は同じくグランツールの一つである「ジロ・デ・イタリア(10/3~25)」の日程が重複。伝統のワンデークラシックレースであるクラシックの王様「ロンド・ファン・フラーンデレン」が開幕直前(10/18)に開催、クラシックの女王「パリ~ルーベ」(10/25)は第6ステージと開催日が完全に重複する。

J SPORTS 4では第6ステージを除く全ステージを生中継!

Cycle*2020 ブエルタ・ア・エスパーニャ

Cycle*2020 リエージュ~バストーニュ~リエージュ

「La Doyenne(ラ・ドワイエンヌ=最古参)」という愛称のこのレース。1892年から始まり、今年で106回目を迎える。例年4月に開催され、「春のクラシックシーズン」最終戦となる今大会だが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期され、10月開催となった。
コースは全長約260km。絶えずアップダウンが繰り返され、1日の獲得標高差は4,000mにも達する。富士山を登りきってしまうほどの上りが、選手たちをふるいにかける。 今年は、世界三大サイクルロードレース(グランツール)の一つ、ジロ・デ・イタリアの開催スケジュールと重複しているため、一部トップ選手たちの欠場も見込まれ、番狂わせが起きる可能性が高い。果たしてどんな結末がまっているのか!?

J SPORTSではリエージュ~バストーニュ~リエージュを生中継!

Cycle*2020 リエージュ~バストーニュ~リエージュ

SUPER GT 2020

トヨタ、日産、ホンダの3大メーカーが参戦し、世界最速といわれるGTカーが激戦を繰り広げる「SUPER GT」。チームや関係者の移動による感染リスク低減のため、使用サーキット数を制限して開催されることが発表された今シーズン。国内では「富士スピードウェイ」「鈴鹿サーキット」「ツインリンクもてぎ」に限定して開催されることとなるだけに、今シーズンは例年以上にチームの戦略が勝負のカギを握ることになりそうだ。
今シーズン最大のトピックは、トヨタ・スープラの復活。7月の開幕戦では、500クラスの表彰台をスープラが独占し、華々しいカムバックを見せた。しかし、第2戦ではNSXが、第3戦ではGT-Rがスープラの牙城を崩して優勝を飾っている。


J SPORTS 4では、第5戦「富士スピードウェイ」決勝、第6戦「鈴鹿サーキット」予選・決勝を生中継!

SUPER GT 2020

フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋

元アイスダンサーであり世界を股にかけ活躍するコレオグラファー(振付師)宮本賢二。トップスケーターからの人望も厚く、そのユーモラスなキャラクターで今では日本フィギュアスケーターの兄貴的存在。そんなKENJIが日本を代表するトップスケーターをゲストに迎えお届けする30分のトークショー!
7年目に突入した20/21シーズンも、魅力あふれるゲストが出演予定。 活躍の舞台裏、新シーズンのプログラム、意外な素顔…。注目選手とKENJIが織りなすトークに注目!
10月は2019年の全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会・アイスダンスで優勝を飾った吉田唄菜&西山真瑚のほか、同じく2019年全日本フィギュアスケート選手権大会・シングルで3位入賞を果たした川畑和愛をゲストに迎える。

フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋

小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2020

ルールがわかれば、フィギュアスケートをもっと楽しんでもらえるはず!そんな思いのもと、美しいスケーティングと独自のスケート理論をもつ小塚崇彦がシングルにとどまらず、ペアやアイスダンスといったカップル競技まで枠を広げ、「フィギュアスケート」について徹底研究。
今シーズンのフィギュアスケートをより一層楽しく観戦するために、新しい発見をお届け!

小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2020

町田樹のスポーツアカデミア

元フィギュアスケーターの町田樹。
2014年のソチ五輪で5位入賞、同年の世界選手権では2位に入るなどの活躍を経て、現在はスポーツ科学者として活動する町田。関西大学を卒業後、早稲田大学大学院に進み、博士号を取得。今年10月からは国学院大学の助教に就任予定で、さらに活躍の場を広げている。
そんな町田が「学問×スポーツ」をコンセプトに、スポーツを様々な観点から語り尽くす番組が新たにスタート!スポーツの実践者、関係者、観戦者、ファン 、研究者などスポーツに従事する全ての人々へ向けて、町田ならではの目線で切り取る。第1回目となる今回のテーマは「Reportage」。
国内において特筆すべきアリーナをルポルタージュし、これからの時代の“スポーツ=文化施設”のあり方を考えていく。

町田樹のスポーツアカデミア

【完全生中継】FIM スーパーバイク世界選手権2020

市販車(プロダクションクラス)バイクの最高峰レース、FIMスーパーバイク世界選手権。今シーズンは2月に開催された開幕戦の後、新型コロナウイルスの影響を受けて中断したものの、8月から再開。各国のサーキットを舞台に激しい攻防が再び繰り広げられる!
日本人ライダーとしては、2017年の全日本ロードレースのチャンピオンであり、2019年の全日本ロードレース選手権でも最終戦までチャンピオンの座を争った高橋巧(MIE RACING ALTHEA HONDA TEAM)がフル参戦。ワークス参戦となったホンダのバイクを駆り、その活躍に期待がもたれる。
J SPORTS 4では高橋巧出場予定の第8戦・最終戦「エストリル(ポルトガル)」の決勝全レース(決勝レース1・スーパーポールレース・決勝レース2)を完全生中継! ※他番組の放送時間延長に伴い、放送形態が変更になる可能性あり

J SPORTSでは全戦を放送!

【完全生中継】FIM スーパーバイク世界選手権2020

【完全生中継】FIM スーパースポーツ世界選手権2020

「スーパーバイク世界選手権」が1000ccクラスのバイクなのに対して、排気量600ccクラスのバイクで争う「スーパースポーツ世界選手権」。ともに市販車(プロダクションクラス)をベースにしたバイクレースだ。参戦するメーカーはスーパーバイクと同様に、ヤマハ、カワサキ、ホンダ、ドゥカティといった世界のトップメーカーが名を連ねる。バイク性能よりもライダーのテクニックが優勝の分かれ目になると言われ、見ごたえはスーパーバイク世界選手権を超えるとも言われる。
今シーズンは、2月に開催された開幕戦の後、新型コロナウイルスの影響を受けて中断。8月から再開され、各国のサーキットを舞台に激しい攻防が再び繰り広げられる!
J SPORTS 3では大久保光(DYNAVOLT HONDA)出場予定の第8戦・最終戦「エストリル(ポルトガル)」決勝全レース(決勝レース1・スーパーポールレース・決勝レース2)を完全生中継!
※他番組の放送時間延長に伴い、放送形態が変更になる可能性あり

J SPORTSでは全戦を放送!

【完全生中継】FIM スーパースポーツ世界選手権2020

WWE スマックダウン

WWEの魅力は、海外ドラマさながらの劇的なストーリー展開。様々なキャラクター(ヒーローや悪玉)のスーパースターたちが抗争・対立を繰り広げ、 その中で愛情、友情、憎悪といった感情が複雑に絡み合う。そして抗争は、ド迫力のアクションと奇想天外な演出で行われるリング上での試合を通して発展。そのストーリーは、番組の中で結末を迎える。
20周年を迎えて生まれ変わった「スマックダウン」。WWEを自身の庭と語る"ビッグ・ドッグ”ロマン・レインズや、神出鬼没に次々と襲いかかる“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットなどのスーパースターの活躍はもちろん、唯一無二の日本人スーパースターとなった“キング・オブ・ストロングスタイル”中邑真輔は盟友セザーロとのコンビでタッグ王座を獲得するなどさらなる躍進に注目だ!
土曜日は世界最高峰エンターテインメントWWE スマックダウンに熱狂せよ!

J SPORTS 4では毎週「英語版」の生中継(10月3日を除く)に加え、「字幕版」を放送!

WWE スマックダウン

WWE ロウ

WWEの魅力は、海外ドラマさながらの劇的なストーリー展開。様々なキャラクター(ヒーローや悪玉)のスーパースターたちが抗争・対立を繰り広げ、その中で愛情、友情、憎悪といった感情が複雑に絡み合う。そして抗争は、ド迫力のアクションと奇想天外な演出で行われるリング上での試合を通して発展。そのストーリーは、番組の中で結末を迎える。
「ロウ」は2020年に27周年を迎えた長寿番組。規格外のパワーで相手をなぎ倒す“野獣”ブロック・レスナーや、自らを“ロウの救世主”と語り自由に暴れまわるセス・ロリンズらを中心としたチャンピオン争いに注目!
また、ロウ女子王者となったアスカ、戸澤陽ら日本人スーパースターたちの活躍からも目が離せない!世界最高峰エンターテインメントWWEの看板番組「ロウ」をお見逃しなく!

J SPORTS 4では毎週「英語版」の生中継に加え、「字幕版」を放送!

WWE ロウ

J SPORTS 4は、MLB、サッカー、ツール・ド・フランスなどサイクル、SUPER GTやフォーミュラEなどモータースポーツ、フィギュアスケート、WWEスマックダウン、ロウ等注目のスポーツを長時間生中継!

視聴方法について

ケーブルテレビでご視聴の方は
オプションチャンネルへのご加入が必要です。

月額 1,300円(税抜)

※一部ケーブル局を除く

J:COMで
J SPORTS 4を見る

お電話でのお申込みはJ:COMカスタマーセンター

0120-999-000
電話をかける

スカパー!では、
J SPORTS 1、2、3、4セット等でご視聴いただけます。

詳細はこちら