クワッガ・スミス

Kwagga Smith

クワッガ・スミス
  • 生年月日

    1993年6月11日

  • 出身

    南アフリカ

  • 所属

    静岡ブルーレヴズ

  • ポジション

    NO8(ナンバーエイト)

  • 身長/体重

    181cm/91kg

  • 主な経歴

    HTSミッデルバーグ高校→ライオンズ

  • 南アフリカ代表キャップ

    16 ※2019年ワールドカップ代表
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Instagram :@kwaggasmith

COMMENT

キャリーとジャッカルが武器の現役南アフリカ代表バックロー

南アフリカ北東のムプマランガ州ライデンバーグ出身。高校卒業後、ヨハネスブルクのゴールデンライオンズでプレーし、U20南アフリカ代表などで活躍。さらに2013年からは7人制代表「ブリッツボッカ」でスター選手として活躍し、2016年のリオ五輪では銅メダルを獲得した。

2017年から15人制に専念し、2018年にスプリングボクスで初キャップを獲得した。2014年からスーパーラグビーのライオンズでプレーし、2018年にヤマハ発動機へと移籍した。

9月1日に行われたトップリーグ第1節のコカ・コーラレッドスパークス戦にて先発出場し、日本での公式戦初出場を果たすと、2018-19シーズンは10試合に先発出場。3トライを挙げるだけでなく、プレー時間は781分とチーム一長く試合に出て「ベスト15」に選出された。

南アフリカ代表の選手としては小柄ながら、まさにシマウマのようなスピードを見せ、15人制南アフリカ代表として2019年ワールドカップに出場した。

2021年シーズンは自身3年目となったトップリーグでは、主にNO8として8試合すべてに出場し、2季連続2度目の「ベスト15」を獲得した。スプリングボクスでもコンスタントに試合に出続けて、存在感を示している。

バックローとしては決して大きい方ではないが、スピードと機動力があり、強いタックル、さらにジャッカルも得意なオールラウンダーだ。今季も静岡ブルーレヴズのFW(フォワード)を引っ張る1人となろう。

◆本名は「Albertus Stephanus Smith」で、「クワッガ」はアフリカーンス語で絶滅したシマウマの亜種。「クワッガ」というあだ名は生まれてすぐ兄からつけられたという。家族は農場を経営しており、外国人が訪ねてきたときに、2歳の兄が赤ん坊の名を尋ねられて、そのとき動物の名前しか知らなかったため、そう答えたのがそのまま定着してしまったという。2019年ワールドカップ期間中に、岐阜県関市で模造刀を購入し、磐田の自宅に置きに帰った。

TEXT by 斉藤健仁

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE