坂手 淳史

Atsushi Sakate

坂手 淳史
  • 生年月日

    1993年6月21日

  • 出身

    京都府

  • 所属

    埼玉パナソニックワイルドナイツ

  • ポジション

    HO(フッカー)

  • 身長/体重

    180cm/104kg

  • 主な経歴

    京都成章高校→帝京大学

  • 日本代表キャップ

    27 ※2019年ワールドカップ日本代表
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Twitter :@rugby02a
    Instagram :@sakateatsushi2

COMMENT

ワールドカップを経て成長したの跡を見せる、リーダーシップも併せ持つHO

両親がバレー経験者で、父親が実業団のバレー部に所属していた影響で小学校まではバレーボールをしていた。だが、中学にバレー部がなく、幼なじみの南藤辰馬(近鉄)に誘われてラグビー部に入部した。

京都成章高校時代から機動力と突破力に定評があり、高校日本代表にも選出。帝京大学1年時の日本選手権のパナソニック戦で、前半途中から出場すると、トップリーグの選手達にビッグタックルを繰り返して大きなインパクトを残した。さらに、ジュニア・ジャパンやU20日本代表入りを果たし、大学2年時には日本代表にも招集された。帝京大学では4年時に主将を務め、7連覇の立役者になった。

社会人1年目となる2016年春は、アジアラグビーチャンピオンシップを戦った日本代表で初キャップを獲得。トップリーグでも2018年度に初めてトップリーグの「ベスト15」を受賞、日本代表にも定着していった。2019年ワールドカップでは主に控えながら、日本代表のセットプレーを支えた。2023年ワールドカップも日本のセットプレーの安定には欠かせない存在の1人だ。

2021年シーズンのトップリーグでは、キャプテンとしてパナソニックを引っ張り、無敗での優勝に大きく貢献したリーダーシップも評価されている。パナソニックだけでなく、2021年の日本代表戦では、5試合に先発出場するなど、2番のポジションの定位置を確保しつつある。トップリーグ最後の王者だけでなく、リーグワン初代王者に向けて、HOとしてキャプテンとしてチームを牽引し、2023年ワールドカップでは2番をつけて中軸の1人となりたい。

◆地元・京都に帰ると必ずと言っていいほど母校・京都成章高校の指導に行くという。2019年ワールドカップ後には、京都にゆかりのある4選手とともに京都新聞大賞を受賞。パナソニックの同期の藤田慶和、金田瑛司らとは京都中学選抜で一緒だった。コーヒーを飲むことが好きで、自らいれることもあれば、チームメイトと「コメダ」などのカフェに行くことも。他の趣味は読書や映画鑑賞。好きな言葉は「継続は力なり」。

TEXT by 斉藤健仁

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE