マリカ・コロインベテ

Marika Koroibete

マリカ・コロインベテ
  • 生年月日

    1992年7月26日

  • 出身

    フィジー

  • 所属

    埼玉パナソニックワイルドナイツ

  • ポジション

    WTB(ウィング)

  • 身長/体重

    182cm/96kg

  • 主な経歴

    レベルズ

  • オーストラリア代表キャップ

    42 ※2019年ワールドカップ代表
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Instagram :@mkoroibete

COMMENT

100m10秒前半で走る快速が武器。世界最高峰のWTBの1人

フィジー生まれで、ラグビーリーグ出身の選手。ラグビーリーグ時代はフィジー代表としても活躍した。フィジーで過ごした学生時代、当初15人制ラグビーをやっていたが、13人制のリーグラグビーに転向し、2012年からオーストラリアで最も人気があるナショナルラグビーリーグの選手となった。

2016年、オーストラリア代表のマイケル・チェイカ前HC(ヘッドコーチ)がワラビーズに招集。これにより、2002年のCTB(センター)マット・ギタウ、2005年のHO(フッカー)タタフ・ポロタナウに続いて、スーパーラグビーでプレーする前にワラビーズ入りした3人目の選手となった。

その時のヨーロッパ遠征ではキャップ獲得はならなかったが、2017年、レッズに加入し、9月のアルゼンチン戦で初キャップを獲得した。以降ワラビーズに定着し、2019年ワールドカップでは母国フィジー代表戦に先発しトライを挙げるなど、4試合に先発出場。2019年のオーストラリア最優秀選手賞にあたる「ジョン・イールズ・メダル」を獲得した。現在、世界最高のWTB(ウィング)の1人だ。

2021年シーズンのスーパーラグビー・トランスタスマン終了後、2022年から日本でプレーすることを発表。ワラビーズとしては国内で行われたザ・ラグビーチャンピオンシップには出場したが、欧州遠征は夫人の出産と重なったため帯同しなかった。スピードと突破力の両方を兼ね備えたトライゲッター。福岡堅樹さんが抜けたワイルドナイツの頼もしいWTBとして期待大だ。

◆フィジーでは片道20キロの距離を歩いて学校に通っていた。2016年、フィジーの中学時代にバス停で一目惚れしたエマ夫人と結婚。コロインベテがオーストラリアに行ってからはフェイスブックで連絡を取り、遠距離恋愛を続けたという。

TEXT by 斉藤健仁

QUESTION

  • Q

    2022年の目標(ラグビーでもいいし、それ以外でもOK)

    日本トップリーグタイトルを勝ち取る

  • Q

    今のポジションを始めたきっかけ

    監督の要望もあったので。

  • Q

    所属チームの魅力は?

    コネクション

  • Q

    仲の良いラグビー選手を教えてください(他チームも含め)

    リキヤ

  • Q

    他の競技で仲の良いアスリートはいますか?

    ジェシー・スー

  • Q

    好きな寿司ネタ(例:ウニ、サーモン)

    サーモン

  • Q

    学生時代の得意科目

    会計学と数学

  • Q

    学生時代の苦手科目

    経済学

  • Q

    スマホで待ち受け画面にしているもの

    自分の子供達

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE