松橋 周平

Shuhei Matsuhashi

松橋 周平
  • 生年月日

    1993年11月24日

  • 出身

    長野県

  • 所属

    リコーブラックラムズ東京

  • ポジション

    NO8(ナンバーエイト)

  • 身長/体重

    180cm/98kg

  • 主な経歴

    市立船橋高校→明治大学

  • 日本代表キャップ

    8
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Twitter :@shuheimatsuhas1

COMMENT

キャプテンシーを併せ持つ、機動力と突破力に長けたバックロー

もともとラグビーは長野市少年少女RSで始めたが、水泳や空手もやっており、両方で、県で優勝した経験もあるという。また、長野出身らしくスキーもやっていた。

ラグビースクール時代はBK(バックス)だったが、その後、FW(フォワード)に転向。市立船橋を経て、明治大学に進学した。大学時代はケガもあったが低学年から試合に出場し、大学4年時はSO(スタンドオフ)田村煕(サントリー)らとともにチームを引っ張り、大学選手権でベスト4に進出した。

身長180cmながらトライの嗅覚と突破力に長けており、2016-17シーズンはルーキーながらトップリーグ開幕からNO8(ナンバーエイト)を背負い、10トライを挙げてベスト15と新人賞の2冠に輝いた。また、2016年11月には、一気に日本代表メンバー入りも果たし、代表初キャップも獲得している。

しかし、2017年秋の世界選抜戦で右膝を負傷してしまい、サンウルブズ、日本代表から名前が消えた。だが、2018年度のトップリーグのリーグ戦で復調。7トライを挙げるなど活躍。2019年のNDS(ナショナル・ディベロップメント・スコッド)に選出。サンウルブズに追加招集されて活躍したが、ワールドカップ出場はならなかった。

リコーでは2018年から副将を、そして2020年から共同キャプテンを2シーズン務めた。CTB(センター)濱野大輔と共同キャプテンを務めた2021年シーズンは、5試合に先発出場して1トライを挙げてベスト8入りに貢献した。

今季からキャプテンを外れたが、リーダーシップを持ってリーグワンで活躍することが再び日本代表に選ばれること、そして本人が目標とするワールドカップ出場につながるはずだ。持ち前の突破力と、最近、磨いているというジャッカルで大きくアピールしたい。

◆リコーに入る前のオフに1ヶ月ほど、憧れのオーストラリア代表FL(フランカー)デイビット・ポーコックの所属するブランビーズで修練を積んだ努力家。高校時代は流通経済大柏の千葉県での131連勝を止めたが、花園には出場できなかった。サクラセブンズとしてリオ五輪に出場した大黒田裕芽は高校の1つ後輩にあたる。コーヒー、カレーが大好き。

TEXT by 斉藤健仁

QUESTION

  • Q

    2022年の目標(ラグビーでもいいし、それ以外でもOK)

    初代リーグワン優勝

  • Q

    試合前に必ずすること

    ルーティンカレー
    試合2日前に祖師ヶ谷大蔵にあるカレーの南海にいくこと

  • Q

    ラグビーを始めたきっかけ

    母親の友人

  • Q

    今のポジションを始めたきっかけ

    自分がやりたかったから

  • Q

    所属チームの魅力は?

    全員が勝つために自分の仕事を80分やりきれるとこ

  • Q

    仲の良いラグビー選手を教えてください(他チームも含め)

    坂手淳史

  • Q

    出身地の自慢(観光地、食事、偉人など)

    長野県 自然!!

  • Q

    好きな寿司ネタ(例:ウニ、サーモン)

    サーモン、ブリ

  • Q

    2021年、個人的一番ニュース

    犬を飼いはじめました

  • Q

    学生時代の得意科目

    体育

  • Q

    学生時代の苦手科目

    理科

  • Q

    スマホで待ち受け画面にしているもの

    富士山

  • Q

    昨シーズンの個人的ベストプレー(ご自身のプレーで)

    プレーオフvs 東芝戦でのジャッカル

  • Q

    昨シーズンで最も印象に残っている試合(理由も併せて)

    開幕戦パナソニック
    何もできず負けてしまいすごい悔しかった

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE