ラクラン・ボーシェー

Lachlan Boshier

ラクラン・ボーシェー
  • 生年月日

    1994年11月16日

  • 出身

    ニュージーランド

  • 所属

    埼玉パナソニックワイルドナイツ

  • ポジション

    FL(フランカー)

  • 身長/体重

    191cm/104kg

  • 主な経歴

    ニュープリマスボーイズ高校→タラナキ→チーフス

  • 代表キャップ

    0
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Instagram :@lashybosh

COMMENT

異名は「ターンオーバー・キング」。接点に強く、ワークレートの高いFL

U20ニュージーランド代表などを経験し、2016年にチーフスのトップチームに昇格。スーパーラグビーデビューを果たし、7試合に出場、1トライをあげた。2017年からはコンスタントに出場するようになり、リーダーグループの1人としても活躍した。以前から逸材と期待されており、オールブラックスには選ばれていないが、現在ニュージーランド最高の7番との呼び声も高い。

もともとはオープンサイドFLとしてのプレーが多かったが、チームメイトのキャプテン、FLサム・ケインとコンビを組み、ブラインドサイドFLとしても力を発揮。2020年のスーパーラグビー・アオテアロアでは4トライを挙げ、チームの主力として定着し、オールブラックスのセレクションマッチとなった、北島対南島戦の北島代表にも選ばれたが、試合には出場できなかった。2021年のスーパーラグビーでも計8試合に出場し、1トライを挙げた。

今季から日本でプレーすることになった。ボーシェーは「魅力的なラグビーを行うパナソニックの選手たちがトロフィーを掲げる姿を見て、とても嬉しく思いました。コーチングもよく施された、素晴らしいチームの一員になれることを楽しみにしている」と意気込んでいる「ターンオーバーキング」と異名を取るほど、ジャッカルのスキルに長けた選手だ。リーグワンでも初代王者を目指すチームの勝利に貢献するはずだ。

◆タラナキ出身で子供の頃はハリケーンズのファンで、トライを取るバックスに憧れていた。5人兄弟の2番目で長男だ。弟のカイラムもチーフスに在籍しているが、クリケットとの二刀流で、ニュージーランド代表キャプテンとしてU20クリケットワールドカップにも出場している。

TEXT by 斉藤健仁

QUESTION

  • Q

    ニックネーム(もしくはこう呼んでほしい)

    ラシー、ボビー

  • Q

    2022年の目標(ラグビーでもいいし、それ以外でもOK)

    日本文化と日本食を経験し、日本で旅をする

  • Q

    試合前に必ずすること

    コーヒーとカードゲーム

  • Q

    ラグビーを始めたきっかけ

    親友たちと遊んでいて。

  • Q

    今のポジションを始めたきっかけ

    バックスをやるには足が遅すぎた

  • Q

    所属チームの魅力は?

    選手層がかなり厚い

  • Q

    チームの●●な人といえば?(●●は「ムードメーカー」「おしゃれ番長」など…)

    ヴィンス アソ。盛り上げ役。

  • Q

    出身地の自慢(観光地、食事、偉人など)

    タラナキ山

  • Q

    好きな寿司ネタ(例:ウニ、サーモン)

    サーモン

  • Q

    挑戦してみたいことはありますか?

    日本語を習う

  • Q

    2021年、個人的一番ニュース

    パートナーと婚約

  • Q

    学生時代の得意科目

    木工

  • Q

    学生時代の苦手科目

    英語

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE