野口 竜司

Ryuji Noguchi

野口 竜司
  • 生年月日

    1995年7月15日

  • 出身

    大阪府

  • 所属

    埼玉パナソニックワイルドナイツ

  • ポジション

    FB(フルバック)

  • 身長/体重

    177cm/83kg

  • 主な経歴

    東海大学付属仰星→東海大学

  • 日本代表キャップ

    13
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Twitter :@rugji15
    Instagram :@ryuji_fb

COMMENT

スキルとフィールディングに長けた安定感ある若きFB

父はサッカー、母は陸上をやっていたが、兄・大輔(花園ライナーズ)の影響でラグビーを始め、東海大仰星高校時代には1年と3年時に花園に出場、3年時は優勝も経験した。

その後は高校日本代表、U20日本代表、ジュニア・ジャパンとエリート街道を歩んできた。東海大学に進学した後も、1年からFBの定位置を確保、大学選手権で1試合に3本のDG(ドロップゴール)を決めるなど、スキル、判断力の高さを見せた。4年では主将として臨んだが、東海大学を大学選手権優勝に導くことはできなかった。卒業後、パナソニックに加入した。

日本代表としては東海大学時代の2016年のアジア選手権で初キャップを獲得した。2017年もアジア選手権に出場する日本代表に選ばれ、6月、11月のテストマッチにおいても、唯一の大学生選手として日本代表として躍動した。2018年はサンウルブズにも招集されてスーパーラグビーも4試合出場したが、残念ながら2019年のワールドカップのスコッドには入ることはできなかった。

スピードと安定感が増し、2021年のトップリーグ11試合全てに出場し、パナソニックの優勝に大きく寄与した。2021年秋、NDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)の1人として招集され、その後、日本代表に昇格し欧州遠征にも参加したが、試合に出場することはできなかった。

安定感あるフィールディングとアタックセンスに長けており、プレースキックも正確なFB。スピードも増しており、リーグワンでさらなる成長を遂げて、再び桜のジャージーを着てワールドカップ出場を狙う。

◆趣味は温泉巡りで、それ以外はほとんどラグビーのことに夢中だ。将来は先生になってラグビーを教えたいという気持ちから、大学時代は母校に教育実習に行き、体育の教員免許を取得。好きな言葉は「満足と妥協は進化を止める」。試合前にはお風呂に入り、必ずスパイクを磨くという。

TEXT by 斉藤健仁

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE