マーク・アボット

Mark Abbott

マーク・アボット
  • 生年月日

    1990年2月20日

  • 出身

    ニュージーランド

  • 所属

    埼玉パナソニックワイルドナイツ

  • ポジション

    LO(ロック)

  • 身長/体重

    197cm/112kg

  • 主な経歴

    セント・アンドリュースカレッジ→カンタベリー大学→ホークスベイ、ハリケーンズ、コカ・コーラ、宗像サニックス

  • 代表キャップ

    0
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Instagram :@markabbott4

COMMENT

今季新加入。スーパーラグビー優勝経験もある長身LO

ニュージーランドのクライストチャーチ生まれで、兄の影響で5歳の時にラグビーを始めた。カンタベリー大学で商業の学位を修めながら、ラグビーも続けていた。大学卒業後、ネイピアへ移りホークスベイでITM杯(現・Mitre10杯)に出場し活躍した。

2014年にハリケーンズで初キャップを獲得し、控えが多いながらもコンスタントに試合に出場し経験を積んで、2016年のハリケーンズの初優勝にも貢献。2017年のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズのニュージーランド遠征では、ハリケーンズの一員として先発出場を果たした。

その後、2017年にコカ・コーラレッドスパークスに加入、2017年度は16試合、2018年度も15試合に出場し、ボールキャリーや空中戦で存在感を見せた。そしてニュージーランドに戻らず、そのまま日本のサンウルブズに参加し、9試合プレーした。2020年からは宗像サニックスでプレーし、2021年から埼玉パナソニックワイルドナイツに入団した。

2021年、3年居住の条件をクリアし、日本代表に初めて招集され、長身LOとして空中戦の要の1人となることが期待されたが、残念ながらケガのためにキャップの獲得とはならなかった。スーパーラグビー優勝経験を、リーグワン初代王者を狙うワイルドナイツに大いに還元し、セットプレーや接点で存在感を見せてくれるはずだ。

◆ニックネームは「アボッシャン」。趣味はゴルフ、ギター、フィッシングとサーフィンと多彩だ。尊敬する人はコカ・コーラ時代のチームメイトで、いつでも真摯にラグビーに取り組んでいた7人制日本代表で活躍したFL/LO桑水流裕策(現・ナナイロプリズム福岡ヘッドコーチ)。好きな言葉は「There is no shortcut to success, you have to take the long way around.」。

TEXT by 斉藤健仁

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE