マイケル・ストーバーグ

Michael Stolberg

マイケル・ストーバーグ
  • 生年月日

    1992年3月27日

  • 出身

    オーストラリア

  • 所属

    リコーブラックラムズ東京

  • ポジション

    LO(ロック)

  • 身長/体重

    204cm/120kg

  • 主な経歴

    アングリカン・チャーチ・グラマー高校→カーティン大学→NPCノースランド、近鉄、サンウルブズ、レベルズ

  • 代表キャップ

    0
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Instagram :@michael_stolberg

COMMENT

今季、新加入!日本で成長した身長204cmの大型LO

学生の頃はバレーボール、スイミング、サッカー、陸上、クリケット、オーストラリアンフットボール、野球など様々なスポーツを経験していたという。高身長だったため、バレーボールでは州代表に選ばれたこともある。

オーストラリアでは若い頃から注目され、U15クイーンズランド代表、U20オーストラリア代表にも選ばれた。2016年から日本の近鉄でプレーし、ワールドカップ4大会出場の日本代表LO(ロック)トンプソン ルーク(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安)の薫陶を受けた。近鉄ではゲームキャプテンを務めるなど、中軸として活躍してきた。

2020年、サンウルブズのスコッドに入り、自身初めてとなるスーパーラグビーの舞台で、6試合に出場して存在感を見せた。また、同年7月にはレベルズのスーパーラグビーAUでもプレーして経験を積んだ。2021年シーズンも近鉄のキャプテンとしてトップチャレンジでプレーしていたが、リーグワンとなる今季からリコーに移籍した。

身長204cmを活かしラインアウトやセットプレーといった空中戦では核となる選手だ。また、日本やオーストラリアで経験を積んで、接点でも力強いプレーを見せる。

◆高校生の頃はレッズのグラウンドキーパーのアルバイトをしていたという。近鉄時代はラグビーをしながら大学で建築を学んでおり、空いている時間はほとんど勉強に費やしていたという真面目な正確だ。日本の食べ物はなんでも大好きだが、一番好きなのはトンカツだ。愛称は「マイキー」。 2019年に娘が誕生した。

TEXT by 斉藤健仁

QUESTION

  • Q

    ニックネーム(もしくはこう呼んでほしい)

    マイキーまたはストリー

  • Q

    2022年の目標(ラグビーでもいいし、それ以外でもOK)

    フィールドに復帰し、素晴らしいシーズンのために貢献する。

  • Q

    試合前に必ずすること

    音楽を聴き、自分の役割について考える。

  • Q

    ラグビーを始めたきっかけ

    小さい頃、家族の影響で。

  • Q

    今のポジションを始めたきっかけ

    他のポジションをやるには背が高くなり過ぎた

  • Q

    所属チームの魅力は?

    素晴らしいチームとなれるポテンシャルが強み。
    まだ、ポテンシャルを出し尽くしていないので、届かない物は何もない。

  • Q

    チームの●●な人といえば?(●●は「ムードメーカー」「おしゃれ番長」など…)

    チームで面白いのは小池一宏。
    笑いたいときは、いつも頼りになる。

  • Q

    仲の良いラグビー選手を教えてください(他チームも含め)

    かつての近鉄のチームメイト全員

  • Q

    他の競技で仲の良いアスリートはいますか?

    2人の親友はプロのラグビー選手で、
    一人はアイルランドでプレーしていて、もう一人は最近引退しました。

  • Q

    出身地の自慢(観光地、食事、偉人など)

    夏のバケーションに最適の小さな町。
    美しいビーチ。

  • Q

    好きな寿司ネタ(例:ウニ、サーモン)

    エビ、アボカド、オニオン&マヨ(くら寿司)

  • Q

    挑戦してみたいことはありますか?

    常日頃、自分自身に挑戦したいと思っている。

  • Q

    2021年、個人的一番ニュース

    妻との間に第二子を授かったと知ったこと。

  • Q

    学生時代の得意科目

    体育

  • Q

    学生時代の苦手科目

    数学

  • Q

    スマホで待ち受け画面にしているもの

    妻と娘

  • Q

    昨シーズンの個人的ベストプレー(ご自身のプレーで)

    トップリーグ、プレーオフのサニックス戦で自分が決めたトライ。試合の流れの中で、非常に重要な得点だったので。

  • Q

    昨シーズンで最も印象に残っている試合(理由も併せて)

    サニックスとのプレーオフでの試合。自分としては、ここぞという大一番で前戦からチームを率いる最高の試合ができた。

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE