ジェームス・ムーア

James Moore

ジェームス・ムーア
  • 生年月日

    1993年6月11日

  • 出身

    オーストラリア

  • 所属

    NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安

  • ポジション

    LO(ロック)/FL(フランカー)

  • 身長/体重

    195cm/110kg

  • 主な経歴

    ブリスベンステート高校→クイーンズランド工科大学→東芝、宗像サニックス

  • 日本代表キャップ

    13 ※2019年ワールドカップ日本代表
    ※2021年12月1日時点

COMMENT

2019年ワールドカップではタックルでファンを魅了したリアルLO

オーストラリアで10歳の時にラグビーを始めたが、リーグ(13人制ラグビー)を中心にプレーし、NRCブリスベンシティで15人制に転向した。2016年度に来日し、東芝に入ったが初年度はトップリーグの出場はなかった。だが、2017年度はレギュラークラスとなり、9試合に出場して頭角を現した。2018年からはサンウルブズでプレーし、宗像サニックスに移籍した。

日本に在住し、3年が経過した2019年6月にワールドラグビーから日本代表資格を承認され、7月27日に行われたパシフィック・ネーションズカップのフィジー代表戦にて先発出場し、代表初キャップを獲得。2019年ワールドカップに出場。タックル数と成功率で上位に入り、日本代表のベスト8進出に大きく貢献した。

昨シーズンは宗像サニックスに移籍し、FLとしての出場が多かった。2021年、日本代表では再びLOとしてプレーし、6月の欧州遠征では2試合、10月は3試合に先発出場した。

宗像サニックスがリーグワンでは3部スタートとなったため、今季からシャイニングアークスでプレーすることになった。インターナショナルプレイヤーとして、空中戦や接点で存在感を示すはずだ。日本代表でコンビを組んだトンプソン ルークと再びLOコンビとして出場する姿が見られそうだ。

◆ムーアと同じくリーグからユニオンに転向した元オーストラリア代表FBイズラエル・フォラウに憧れており、偶然にも、今季からチームメイトとなる。2019年ワールドカップに一緒に出場した日本代表のウィリアム・トゥポウ(トヨタヴェツブリッツ)は高校の先輩にあたる。大好きな食べ物はステーキ。日本食では刺身は好きだが、納豆は苦手だという。趣味はサーフィン。

TEXT by 斉藤健仁

QUESTION

  • Q

    ニックネーム(もしくはこう呼んでほしい)

    ジミー

  • Q

    2022年の目標(ラグビーでもいいし、それ以外でもOK)

    プレーでチームの勝利に貢献する

  • Q

    ラグビーを始めたきっかけ

    友達がラグビーをしていたから

  • Q

    今のポジションを始めたきっかけ

    高い身長

  • Q

    所属チームの魅力は?

    スキルの高い選手とチームの団結力

  • Q

    挑戦してみたいことはありますか?

    世界を旅する

  • Q

    2021年、個人的一番ニュース

    シャイニングアークスへの移籍

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE