ポジション解説

ポジション解説

ラグビーは15人のメンバーから成り立ち、それぞれに決められているポジションがある。このポジションは8人のFW(フォワード)と、7人のBK(バックス)に大きく分けられる。さらにFWはフロントロー、セカンドロー、バックローに分けられ、BKはハーフバック、スリークォーターバック、フルバックに分けられている。

FWフォワード

ポジションエリア ポジション名 背番号
フロントロー PR/プロップ 1、3
HO/フッカー 2
セカンドロー LO/ロック 4、5
バックロー FL/フランカー 6、7
NO8/ナンバーエイト 8

BKバックス

ポジションエリア ポジション名 背番号
ハーフバック SH/スクラムハーフ 9
SO/スタンドオフ 10
スリークォーターバック WTB/ウィング 11、14
CTB/センター 12、13
フルバック FB/フルバック 15

FW

スクラムを組み、ボールがタッチラインの外に出ればラインアウトで敵とボールを奪い合い、 BK(バックス)が捕まれば、すぐに駆けつけてボール確保に身を削る。ボール争奪戦が主な仕事だが、時には力強く突進してディフェンスを蹴散らす。 現代ラグビーでFW(フォワード)の役割は増える一方だ。ぶつかって、倒されて、また起きて走り出す。下敷きになったり、踏まれたりしながら、走り回るタフな男たちだ。

BK

筋肉質で大型の選手が並ぶFW(フォワード)に対して、BK(バックス)はスリムな選手が多い。FWが確保したボールをどう攻撃に結びつけるか考えるHB(ハーフバック)団のSH・SOには明晰な頭脳と俊敏性、スキルが必要であり、CTBは突破して前に進む強靭さも求められる。俊足を飛ばしてトライをあげるフィニッシャーのWTBは陸上の短距離ランナーのようだし、FBは最後尾の責任感と大胆さが要求される。

イラスト:とうこくりえ
構成:スポーツ企画工房

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります