ポジション解説

ラグビーは15人のメンバーから成り立ち、それぞれに決められているポジションがある。このポジションは8人のFW(フォワード)と、7人のBK(バックス)に大きく分けられる。さらにFWはフロントロー、セカンドロー、バックローに分けられ、BKはハーフバック、スリークォーターバック、フルバックに分けられている。

FWフォワード

ポジションエリア ポジション名 背番号
フロントロー PR/プロップ 1、3
HO/フッカー 2
セカンドロー LO/ロック 4、5
バックロー FL/フランカー 6、7
NO8/ナンバーエイト 8

BKバックス

ポジションエリア ポジション名 背番号
ハーフバック SH/スクラムハーフ 9
SO/スタンドオフ 10
スリークォーターバック WTB/ウィング 11、14
CTB/センター 12、13
フルバック FB/フルバック 15

FW

フォワード

縁の下の力持ち。
強靱な肉体でボールを奪取

スクラムを組み、ボールがタッチラインの外に出ればラインアウトで敵とボールを奪い合い、 BK(バックス)が捕まれば、すぐに駆けつけてボール確保に身を削る。ボール争奪戦が主な仕事だが、時には力強く突進してディフェンスを蹴散らす。 現代ラグビーでFW(フォワード)の役割は増える一方だ。ぶつかって、倒されて、また起きて走り出す。下敷きになったり、踏まれたりしながら、走り回るタフな選手達は、チームメイトに尊敬される存在だ。

BK

バックス

ゲームを操り、
スピーディーに防御を翻弄

筋肉質なゴツイ選手が並ぶFW(フォワード)に対して、BK(バックス)はスリムな選手が多い。女性人気も圧倒的にBKに集中する。FWが確保したボールをどう攻撃に結びつけるか考えるHB(ハーフバック)団のSH・SOには明晰な頭脳と俊敏性が必要であり、最後に俊足を飛ばしてトライをあげるフィニッシャーWTBは陸上の短距離ランナーのようだ。 FWがボールを奪ってくれるからこそ、活躍できるということを認識しながら、各ポジションを見ていこう。

ルール解説のイラストデータをご利用希望の方は、こちらからDLしてご利用ください。※リンク先をクリックするとpdfファイルの入ったzipファイルのDLが始まります。

PR/プロップ

最前列でスクラムを組む背番号1番と3番。1番は右肩だけ組むのでルースヘッド・プロップ、3番は相手の1番と2番の間に首を入れて両肩を組むのでタイトヘッド・プロップとも呼ばれる。スクラムとラインアウトで、ジャンパーを支えるサポート役など縁の下の力持ちで、忍耐強さが必要。身長175cm~185cm、体重100kg~120kgくらいがトップ選手の平均サイズ。2013年8月からスクラムのルールが変わり、相手と距離を上げて相撲の立会いのように組み合っていたところから、ジャージをしっかりつかみあってから組むことになり衝撃が軽減されることになった。

稲垣啓太
(パナソニック)

代表的な選手

山下裕史(神戸製鋼)、三上正貴(東芝)、稲垣啓太(パナソニック)、具智元(Honda)

HO/フッカー

最前列中央でスクラムをコントロール、SHが投げ入れたボールを足で後ろにかき出し、ラインアウトではボールを投げ入れる。BKが捕まったポイントに真っ先に行くのはFL、NO8だが、そのボールがさらに展開するときには、HOがNO8的な役割を果たす。走力、判断力に優れ、手先の器用な選手が多い。「HOはピアノを弾く人、PRはピアノを担ぐ人」というジョークすらある。体型は、PRより、やや小さいくらい。堀江翔太は、日本人HOとして初のスーパーラグビー(南半球スーパークラブリーグ)のプロ選手となった。

堀江翔太
(パナソニック)

代表的な選手

堀江翔太(パナソニック)、坂手淳史(パナソニック)、庭井祐輔(キヤノン)

LO/ロック

ラグビー王国ニュージーランドでは、少年はロックをやりたがる。強くて頼りになる男の象徴的ポジションだからだ。世界では身長195cm~200cmで体重110kg~120kgが平均サイズ。キックオフやラインアウトなどで長身を生かして高いボールをキャッチ。巨漢を利しての突進でチームを勢いづける。日本代表の大野均のように黙々と働き続ける選手が多い。スピーディーに攻撃を連続する傾向が強くなる一方の現代ラグビーではPR、HO、LOのタイトファイブの運動量が戦略の軸になっている。

ヴィンピー・ファンデルヴァルト
(NTTドコモ)

代表的な選手

真壁伸弥(サントリー)、ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機)、ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)、グラント・ハッティング(神戸製鋼)、ブロードハースト・マイケル(リコー)

FL/フランカー

スクラムやラインアウトから真っ先に飛び出して相手にプレッシャーをかけ、 激しいタックルで相手のボールを奪い取り、チームメイトが捕まったポイントへ瞬時にサポートするFWの花形。気の強さが第一で、BK並みのスピードが要求される。 通常は6番がスクラムの左で、7番が右。常に広いスペースを担当するオープンサイドFL、狭いスペースのブラインドサイドFLと分ける方法もあり、今はこちらが一般的。オープンサイドFLは、相手からボールを奪うのが得意な選手が多く、世界では「Fetcher」(フェッチャー=ボールを獲ってくる人)とも呼ばれている。

リーチ マイケル
(東芝)

代表的な選手

リーチ マイケル(東芝)、徳永祥尭(東芝)、ピーター・ラブスカフニ(クボタ)、布巻峻介(パナソニック)、姫野和樹(トヨタ自動車)
 

NO8/ナンバーエイト

字通り背番号は8。その昔、スクラム3列目は3人が横に並んでおり、現在のように一人が後ろ飛び出した歴史は浅く、最も新しいポジションでもある。世界ではエイトマンとも呼ばれ、スクラムなどからのサイドアタック、ラインアウトのジャンパー、BKをサポートしての突進、そしてBKラインに入ってのパスと、最も総合的なスキルを必要とされるスーパーマン的存在だ。身長185cm~190cm、体重100kg~110kgが標準サイズ。スクラムの最後尾でフィールド全体を見渡し、前7人のFWに的確な指示を送るリーダータイプが揃う。NO8が名キャプテンになったケースは多い。

アマナキ・レレイ・マフィ
(NTTコミュニケーションズ)

代表的な選手

アマナキ・レレィ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)、中島イシレリ(神戸製鋼)、ツイ ヘンドリック(サントリー)

SH/スクラムハーフ

スクラムにボールを投げ入れ、出て来たボールを素早くSOにパス。 誰かが捕まると、そこに駆けつけて、ボールをリサイクル。常にボールと一緒にちょこまかと動き回って、攻撃のリズムを作るのがSHの仕事。レフリーの近くにいるので、ちょっとした質問など、よくしゃべる選手が多い。パスの上手さが最も大切。機を見るに敏な戦略家で、現役引退後、名監督となった選手は数知れない。2013年、田中史朗が南半球最高峰のプロリーグ「スーパーラグビー」のハイランダーズでデビューし、日本人SHのレベルの高さを世界に知らしめた。

田中史朗
(パナソニック)

代表的な選手

田中史朗(パナソニック)、茂野海人(トヨタ自動車)、流大(サントリー)、アンドリュー・エリス(神戸製鋼)

SO/スタンドオフ

日本では「指令塔」とも称され、FWとBKの中間に立ち、パスか、ランか、キックか、 攻撃を選択していくプレーメイカー。チームを操る姿はサッカーの背番号10とも重なる。かつてのSOは、司令塔としての役目のために密集にはできるだけ巻き込まれず、ジャージが汚れないのが理想だったが、戦術の進化によってSOのタックル回数は増え、日本代表SO立川理道のように、タックルも強く、密集戦で相手ボールを奪うような選手が求められている。戦術眼はもちろんパス、キックのスキルも重要で、ラグビー理解度の高い選手にしか務まらないポジションだ。

田村優
(キヤノン)

代表的な選手

田村優(キヤノン)、山沢拓也(パナソニック)、松田力也(パナソニック)、ヘイデン・パーカー(神戸製鋼)、ダン・カーター(神戸製鋼)
 

CTB/センター

TBはスリークォーターバックスの略で、 基本フォーメーションのBKを8列にした場合の6列目で約分してこう呼ぶ。その真ん中に位置するのでセンター(C)である。SOからのパスを受け、縦に走ったり、ロングパスをしたりと、工夫してチャンスを広げるのが主な仕事。攻守に相手BKラインとトップスピードでぶつかり合うCTBには、力強い足腰と、強いタックル能力が求められる。 左右で分ける場合もあるが、インサイドにプレーメイカータイプ、アウトサイドにスピードある選手を置くのが、現在の流行。

ラファエレ ティモシー
(コカ・コーラ)

代表的な選手

ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ)、ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)、中村亮土(サントリー)、マイケル・リトル(三菱重工相模原)

WTB/ウィング

基本フォーメーションの両翼に位置して、チームメイトが苦労してつないだボールをトライに持っていくのが役目。世界では190cm以上の大型選手が多く、捕まっても起点になってさらに展開するパターンを使うが、日本では小さいが切れ味鋭いステップでタックルをかわし、スピードで相手を振り切るフィニッシャータイプが揃う。タックラーの前で一瞬止まり、瞬時の加速で相手を振り切るシーンがWTBの見せ場だ。 元日本代表、神戸製鋼で活躍した大畑大介のテストマッチ(国代表同士の試合)69トライは、世界最多記録だ。

福岡堅樹
(パナソニック)

代表的な選手

山田章仁(パナソニック)、福岡堅樹(パナソニック)、レメキ ロマノ ラヴァ(Honda)、ヘンリー ジェイミー(トヨタ自動車)

FB/フルバック

最後の砦として味方ゴールラインを守るが、ゴールキーパーではなく、積極的に攻撃にも参加する。BKラインのサインプレーでエキストラマンとして走り込み、防御を突破、WTBにパスをつないでトライを生んだかと思えば、相手のキックをキャッチしてカウンターアタックを仕掛ける。そして、地域獲得のためにロングキックを相手陣に蹴り込む。その活躍は幅広い。一番後ろにいるのでミスは許されず、強い責任感と大胆さを併せ持った性格が向いている。HO、NO8、SH、SO、FBを「縦の線」と呼び、チームの背骨のような存在として重要視されている。

松島幸太朗
(サントリー)

代表的な選手

五郎丸歩(ヤマハ発動機)、松島幸太朗(サントリー)

写真全て:©2016, JRFU Photo by S.IDA Photo by Yuuri Tanimoto

ご視聴方法

smartphone PC TV

スマホ・PC・テレビで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

テレビ・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります