中野 将伍

Shogo Nakano

中野 将伍
  • 生年月日

    1997年6月11日

  • 出身

    福岡県

  • 所属

    東京サントリーサンゴリアス

  • ポジション

    CTB(センター)

  • 身長/体重

    186cm/98kg

  • 主な経歴

    東筑高校→早稲田大学

  • 日本代表キャップ

    2
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Instagram :@shogo_nakano611

COMMENT

2021年秋の欧州遠征でブレイク。フィジカルが武器の若き大型CTB

福岡県北九州市若松区出身。3歳から、8学年上の兄裕太(釜石シーウェイブス)の影響で、兄と同じ鞘ヶ谷ラグビースクールで楕円球と出会う。その後も東筑高校、早稲田大学と兄の後を追った。

花園こそ出場できなかったが、高校時代にU17日本代表、ユース五輪日本代表にも選ばれ、春の全国選抜大会にも出場。その活躍が認められて、高校2年生の3月、高校日本代表を飛び越え、大学生中心のU20世代に混じり、ジュニア・ジャパンにも選出された。

早稲田大学でも1年から先発として活躍し、2年の4月に日本代表のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)が直接指導する、代表候補選手たちが集まった「NDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)キャンプ」に招集。しかし、ケガのためにアピールすることはできなかった。

4年の大学選手権では、サントリーでもチームメイトのSH(スクラムハーフ)齋藤直人とともに11シーズンぶりの優勝に導いた。その後、サンウルブズは練習生で招集され、プレマッチで攻守に渡り、持ち前のフィジカルを発揮し、開幕前に見事に正スコッドに昇格。5試合に出場し、1トライを挙げた。大学卒業後はサントリーに加入した。

2021年シーズン1年目から10試合全てに出場し、CTBだけでなくWTB(ウィング)としてもプレーし、4トライを挙げた。2021年春はトップリーグの決勝で脳しんとうを起こしてしまい、日本代表に招集されることはなかったが、秋はNDSから日本代表に昇格し、欧州遠征に参加。ポルトガル代表戦で初キャップを獲得。トライを挙げる活躍を見せ、次のスコットランド代表戦にも先発出場した。

身長186cm、体重も100kg近い大型CTB(センター)。突破力だけでなく、本人も憧れているという元ニュージーランド代表ソニー ビル・ウィリアムズを彷彿とさせるオフロードパスも武器とする。目標である2023年ラグビーワールドカップ出場に向けて、今季もサントリーで常にレギュラーを貼り続けてアピールを重ねたい。

◆美味しいものを食べるのが好きという中野は、オフに東筑高校時代の仲間と食事に行ってリラックスしているという。そして、地元に戻ったときには必ず「大好物!」と力説する北九州のソウルフード「資さんうどん」に足を運ぶ。

TEXT by 斉藤健仁

QUESTION

  • Q

    ニックネーム(もしくはこう呼んでほしい)

    ショーゴ

  • Q

    2022年の目標(ラグビーでもいいし、それ以外でもOK)

    リーグワン優勝

  • Q

    試合前に必ずすること

    前日にパスタ食べる

  • Q

    ラグビーを始めたきっかけ

    兄の影響

  • Q

    所属チームの魅力は?

    アグレッシブアタッキングラグビー

  • Q

    チームの●●な人といえば?(●●は「ムードメーカー」「おしゃれ番長」など…)

    ムードメーカー 石原慎太郎選手

  • Q

    出身地の自慢(観光地、食事、偉人など)

    資さんうどん

  • Q

    好きな寿司ネタ(例:ウニ、サーモン)

    サーモン

  • Q

    昨シーズンで最も印象に残っている試合(理由も併せて)

    決勝 とても悔しい終わり方だった

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE