ゲラード・ファンデンヒーファー

Gerhard van den Heever

ゲラード・ファンデンヒーファー
  • 生年月日

    1989年4月13日

  • 出身

    南アフリカ

  • 所属

    クボタスピアーズ船橋・東京ベイ

  • ポジション

    FB(フルバック)/WTB(ウィング)/CTB(センター)

  • 身長/体重

    192cm/102kg

  • 主な経歴

    アフリカーンスボーイズ高校→プレトリア大学→ブルズ、ストーマーズ、マンスター、ヤマハ発動機

  • 代表キャップ

    0
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Twitter :@Gerhardvdheever

COMMENT

ロングキックと豪快なランが魅力の経験豊富な大型WTB

ラグビーは親の影響で6歳ごろから始めて、高校時代は陸上でハードルもやっていたという。学生時代はセブンズでもプレー経験があり、2010年、元南アフリカ代表WTBブライアン・ハバナが渡仏し、それに代わってブルズに加入、スーパーラグビーの優勝に貢献した。

その後、2012年から2シーズンはストーマーズでプレーし、2013年秋からはアイルランドのマンスターでもプレー。そして2016年から2年間はヤマハ発動機でプレーした。特に2016年はトゥーロン(フランス)に移籍した元日本代表FB(フルバック)五郎丸歩に代わり、FBとしてもキッカーとしても活躍し、2016-17シーズンは得点ランキング2位となる171得点を挙げる活躍を見せた。また、2018-19シーズンはサンウルブズでもプレー。2018年からクボタでプレーしている。

2021年シーズンはWTBとして、時折、キッカーとしてもプレースキックを蹴るなどチームのベスト4入りに貢献した。今春、3年居住の条件をクリアして日本代表スコッド入りも果たしたが、試合に出場することはかなわなかった。

国際経験も豊富で192cmと身長は大きいが俊足を武器とし、ロングキッカーとしても定評がある。ハイボールキャッチ、ロングキック、力強いランで存在感を示すはずだ。

◆寿司はマグロとサーモンが好き。うどんも好きで、和牛も大好物。趣味はハンティングで、さすがに日本ではやったことがないという。愛称は「シャドー」だ。若い時、同じ名前の親友がおり、その友人に「シャドー」(分身)と呼ばれ始めたことがきっかけだったという。

TEXT by 斉藤健仁

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE