J SPORTSオンデマンド おすすめ番組

J SPORTSオンデマンド

5月番組の見どころ

Cycle*2021 ジロ・デ・イタリア

「ツール・ド・フランス」「ブエルタ・ア・エスパーニャ」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ジロ・デ・イタリア」が5月8日に開幕する。 UCI競技規則では「日程は15日以上23日以内」「競技区間の総走行距離は3500km以内」などのグランツール開催条件が定められていることに加え、平地・山岳・タイムトライアルなど異なる能力が求められるため、過酷さも他のレースとは桁違いであり、優勝はもとより完走すること、さらには出場することさえ困難なレースでもある。

その中で、「ジロ・デ・イタリア」は他の2レースよりも山岳コースの難度が高い傾向があり、クライマーに有利な大会と言われている。
最終日は、ミラノ市内を走る個人タイムトライアルが舞台となり、ミラノ大聖堂前でゴールするルートとなる。

2021年大会はトリノからスタートし、第1ステージは9kmの個人タイムトライアルとして開催される。
昨年大会で優勝したゲイガンハートに加え、タイムトライアルで圧倒的な強さを見せたフィリッポ・ガンナが属する「イネオス・グレナディアーズ」に注目だ。
また、日本人選手では、新城幸也が昨年大会に出場し完走を果たしているだけに、今年も出場するとなれば目が離せない。

J SPORTSオンデマンドでは全ステージLive配信!
オンデマンド限定で現地実況・解説版も全ステージLive配信!

Cycle*2021 ジロ・デ・イタリア

Cycle*2021 クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ

今年で72回目の開催となるクリテリウム・ドゥ・ドーフィネ。
世界最大のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の前哨戦ともいわれるこのレース。
昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により8月に延期されたが、今年は再び初夏に戻って来る。
6月26日開幕の「ツール・ド・フランス」に向けてコンディションの良さを見せつけるのは果たして誰か!?
総合優勝だけでなく、チームに貢献するためのアシスト、クライマー、スプリンターなど各選手の役割にも注目!

J SPORTSオンデマンドでは全ステージLive配信!

Cycle*2021 クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ

J SPORTS STADIUM2021

5月25日からセ・パ交流戦が開幕!
昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、交流戦が中止となったため、2年ぶりの開催となる。
これまでの対戦成績ではパリーグが優勢だが、今年はどのような結果になるか!?
ここで勝ち星を積み上げることが、シーズン後半戦で有利に働くだけに、熱戦必至だ!

J SPORTSオンデマンドでは広島・中日・横浜3球団の主催試合をLive配信!※一部試合を除く

J SPORTS STADIUM2021

SUPER GT 2021

トヨタ、日産、ホンダの3大メーカーが参戦し、世界最速といわれるGTカーが激戦を繰り広げる「SUPER GT」。
時速300kmを超える驚速のマシン、国内外のトップドライバー、豊富な車種とタイヤメーカーなど、様々な観点から世界中の注目を集めている。

15年ぶりのトヨタ・スープラの復活が大きな話題となった昨シーズン。
開幕戦ではTOP5をスープラが独占する華々しいデビューを飾ったが、ホンダ・NSX、日産・GT-Rも負けてはいない。
ドライバーズチャンピオン争いでは近年まれに見る接戦で迎えた最終戦。スープラ(KeePer TOM‘S GR Supra 37号車)がポールポジションから最終周までトップを快走するも、ゴールまでわずか数百メートルのところでまさかのガス欠。
NSX(RAYBRIG NSX-GT 100号車)が逆転優勝し、同時にドライバーズチャンピオンを手にした。
4月から新シーズンが開幕。シーズン序盤戦をリードするのは果たして!?

300クラスは、海外のGT3勢と日本車勢の戦い。
海外からはロータス、メルセデス、アウディ、BMW、フェラーリ、ポルシェが、日本車勢は、レクサスGT3、プリウス、スープラ、ホンダNSX、日産GT-Rなど、こちらも人気の車種が勢ぞろい。
新人から大ベテランまで、ドライバーラインアップもバラエティに富む300クラス。毎戦繰り広げられる戦略バトルも要チェックだ。


J SPORTSオンデマンドでは2021シーズン全戦配信!
オンデマンド限定で公式練習や選手紹介、ウォームアップ走行など配信!

SUPER GT 2021

FIA 世界耐久選手権(WEC) 2021

FIA世界耐久選手権(WEC)は、世界3大レースといわれる「ル・マン24時間レース」を含む耐久レースの世界選手権。
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、スケジュールが大幅に変わり「スパ・フランコルシャン6時間レース」が開幕戦となる。

注目は新車両を投下する「TOYOTA GAZOO Racing」。
昨シーズンは小林可夢偉が乗る7号車がドライバーズチャンピオンを獲得したことに加えて、同チームの8号車(中嶋一貴搭乗)が2位に入った。今シーズンもドライバー変更はなく安定した走りに期待が持てる。

新車両は開幕戦で華々しいデビューを飾る事ができるのか!?


J SPORTSでは、今シーズン全戦配信!
オンデマンド限定で予選の模様も配信!

FIA 世界耐久選手権(WEC) 2021

スーパーフォーミュラ 2021

国内最高峰のフォーミュラカーレース「スーパーフォーミュラ」。
コーナーによってはF1をしのぐとも言われる速さを誇るマシンで、国内外のトップドライバーたちが「日本一速いドライバー」の座をかけて戦う。
注目は、昨シーズンのチャンピオンとなった山本尚貴の移籍。
シリーズタイトル連覇を狙う山本にとって、この移籍がどう影響するのか。
また、スーパーフォーミュラ初の女性ドライバーとして注目されたタチアナ・カルデロンも引き続きドラゴコルセから参戦する。
タイトル争い常連チームのトムスやインパルは、中嶋一貴や関口雄飛らトップドライバーをそろえているほか、小林可夢偉擁するKCMGも昨シーズンに引き続き2台体制として、元王者の国本雄資とのコンビで初のタイトルを狙う。
2リッター直4ターボのサウンド、切れ味鋭いコーナーリング、時速300kmを超えるストレートスピードも必見!


J SPORTSオンデマンドでは2021年全戦の予選・決勝を配信!

スーパーフォーミュラ 2021

ラグビー関東大学春季大会2021

2年ぶりに開催される関東大学春季大会。
前回大会のAグループ1位は帝京大学。勝ち点26で2位の東海大学と同じだったものの得失点差で優勝を飾った。

今年の春季大会は新型コロナウイルス感染防止の観点から、例年より期間と試合数を縮小。
対抗戦とリーグ戦がそれぞれ違うリーグの3校と対戦する。

各大学新体制、新チームとなって挑むこの大会。どのような戦いを繰り広げるか注目だ!

J SPORTSオンデマンド限定でA、Bグループを全試合配信!

第10回ラグビー関東大学春季大会

ハイネケン・チャンピオンズカップ2020/21
~ラグビー欧州クラブ王者決定戦~

欧州のNo.1クラブ決定戦であるハイネケン・チャンピオンズカップ。
2020/21シーズンでは、トップ14(フランス)、プレミアシップ(イングランド)、プロ14(アイルランド、スコットランド、ウェールズ、イタリア)の各リーグから8チームずつ、全24チームが参加している。

プレーオフ1回戦で決勝トライを決めた日本代表・ 松島幸太朗が在籍するクレルモン・オーヴェルニュ(フランス)。
悔しくも準々決勝で敗退となった。

ベスト4に残ったのは、トゥールーズ、ボルドー・ベグル、ラ・ロシェルのフランス勢3チームとレンスター(アイルランド)の1チーム。イングランド勢は姿を消している。

“欧州最強”の座を手にすることは出来るのはどのチームなのか!?

J SPORTSオンデマンドでは決勝まで全試合配信!

ハイネケン・チャンピオンズカップ2020/21 ~ラグビー欧州クラブ王者決定戦~

高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ2021

U-18世代の最高峰リーグ「プレミアリーグ」。
昨年、全国のクラブチーム・強豪校を交えたU-18世代のNo.1決定戦となるこのリーグは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて中止。
チームの移動による感染リスクを考慮しながら同地域内でのプレミアリーグと、2部のプリンスリーグの合同リーグとして開催された。

今年は、例年と同様に全国の20チームが“プレミアリーグ EAST”と“プレミアリーグ WEST”にそれぞれ10チームずつ分かれ、4月から12月にわたり、ホーム&アウェー方式のリーグ戦を争う形式に戻る。
今年のU-18世代最強チームは果たして!?

J SPORTSオンデマンドでは、毎節注目試合を生中継中心に配信!

高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ2021

町田樹のスポーツアカデミア

元フィギュアスケーターの町田樹。
2014年のソチ五輪で5位入賞、同年の世界選手権では2位に入るなどの活躍を経て、現在はスポーツ科学者として活動する町田。

関西大学を卒業後、早稲田大学大学院に進み、博士号を取得。
昨年10月からは國學院大學の助教に就任し、さらに活躍の場を広げている。
「学問×スポーツ」をコンセプトに、スポーツを様々な観点から町田が語り尽くすこの番組は昨年からスタートし、今年もフィギュアスケートのオフシーズン期間となる5月から8月にわたり配信!
スポーツの実践者、関係者、観戦者、ファン 、研究者などスポーツに従事する全ての人々へ向けて、町田ならではの目線で切り取る。
今回のテーマは「【Reportage:アリーナの今を訪ねて】」。「さいたまスーパーアリーナ」を訪れ、これからの時代の“スポーツ=文化施設”のあり方を考えていく。

町田樹のスポーツアカデミア

※配信内容は変更になる場合がございます。

野球、ラグビー、サイクルロードレース、モータースポーツ、WWE、バスケットボール、サッカーフットサル、フィギュアスケート、スキー、バドミントン、卓球、ダンス、フィットネス・ボディビルなどの他、J SPORTSオンデマンド限定番組も多数配信中