流 大

日本代表選手紹介

流大

流 大

Yutaka Nagare

  • 生年月日

    1992年9月4日

  • 出身

    福岡県

  • 所属

    東京サントリーサンゴリアス

  • ポジション

    SH(スクラムハーフ)

  • 身長/体重

    166cm/75kg

  • 主な経歴

    荒尾高校→帝京大学

  • 日本代表キャップ

    24 ※2019年ワールドカップ日本代表
    ※2021年10月1日時点

  • ツイッター / インスタグラム

    @ngrytk9 / @nagare0904

2019年ワールドカップで大活躍した球さばきとリーダーシップに長けたSH

2019年ワールドカップでは5試合すべてに先発出場し、日本代表のベスト8に大きく貢献したSH。素早いパスさばきには定評があり、キックやゲームメイクの能力も高い。

福岡県久留米市の強豪「りんどうヤングラガーズ」で小学3年から競技を始め、中学校時代はサッカーも同時にプレーした。高校は東福岡への進学も考えたが、熱心な勧誘もあって熊本の荒尾高校へと進み、花園に出場。帝京大学では2年時から頭角を現し、4年時は主将として大学選手権優勝に導いている。

2016、17年度、主将としてサントリーを2年連続2冠に導き、2年連続ベスト15に選出された。2017年の春には代表キャップ「0」ながら、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)に、アジアを戦う若い日本代表のキャプテンにも指名された。さらに2018年はスーパーラグビー未経験ながら、サンウルブズでも共同キャプテンに指名され、リーダーシップを発揮しつつ経験を積んだ。

2021年トップリーグでも、現役オールブラックスのSO(スタンドオフ)ボーデン・バレットとハーフ団を組み、サントリー準優勝に貢献するなど大いに存在感を示した。今春は休養のために日本代表活動を辞退したが、今秋から復帰を果たした。SHのライバル争いを制して、再び9番を背負っての出場を目指す。

◆3人兄弟の末っ子として生まれ、兄2人は野球をしており、次兄の大輔は高校時代から注目されていた野球選手で、四国アイランドリーグの高知、愛媛でプレーしていた。静岡ブルーレブスのSO(スタンドオフ)清原祥は高校時代にハーフ団を組んでいた盟友。好きな食べ物はラーメン、寿司(特にサーモン)。好きな歌手はケツメイシ。趣味もラグビーを見ることだ。

TEXT by 斉藤健仁
© JRFU

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります