ファウルア・マキシ

日本代表選手紹介

ファウルア・マキシ

ファウルア・マキシ

Faulua MAKISI

  • 生年月日

    1997年1月20日

  • 出身

    トンガ

  • 所属

    クボタスピアーズ船橋・東京ベイ

  • ポジション

    NO8(ナンバーエイト)

  • 身長/体重

    187cm/111kg

  • 主な経歴

    日本航空石川高校→天理大学

  • 日本代表キャップ

    2
    ※2021年11月1日時点

  • ツイッター

    @LuaMakisi

力強いキャリーとタックルが武器。日本で大きく成長したバックロー

日本代表のFLにケガ人が多く出たため、追加招集されたのがマキシだった。大学時代、すでに日本代表キャップを獲得していたこと、サンウルブズ練習生で呼ばれたことがあり、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)も知った選手ということで白羽の矢が立った。

トンガ出身でトンガ代表でもプレーしたという父の影響で7歳の時にラグビーを始めた。高校で来日し、日本航空石川高校では花園に出場、高校日本代表にも選出された。卒業後は天理大学に進学し、U20日本代表にも選出され、ワールドラグビーU20チャンピオンシップにも出場した。

2016年5月、アジアラグビーチャンピオンシップの韓国代表戦に出場して、日本代表初キャップを獲得した。2018年5月にはサンウルブズのトレーニングスコッドに招集されたが、スーパーラグビー出場はかなわなかった。2017・18年度はラグビー関西大学リーグの「ベスト15」にも選出、天理大学の最終学年の2018年度は大学選手権の準優勝にも貢献した。

卒業後の2019年からはクボタスピアーズ(現・クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)に入団。バックローの層の厚いチームの中で、なかなかチャンスに恵まれず、2020年は2試合、昨シーズンのトップリーグでは、4試合(2試合先発)の出場にとどまったが、年々チームでも存在感を増している。

久しぶりの日本代表選出となったが、武器とする力強いボールキャリーと激しいタックルでコーチ陣に大きくアピールしたい。

◆高校時代に毎日勉強し、大学でも国際学部外国語学科日本語専攻で学んだ成果もあり、日本語が堪能で、関西弁も堪能だ。好きな食べ物は豚骨ラーメンと、母国トンガで食べる豚の丸焼きだ。愛称は「ルア」。

TEXT by 斉藤健仁
© JRFU

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります