日野 剛志

NDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)選手紹介

日野 剛志

日野 剛志

Takeshi HINO

  • 生年月日

    1990年1月20日

  • 出身

    福岡県

  • 所属

    静岡ブルーレヴズ

  • ポジション

    HO(フッカー)

  • 身長/体重

    172cm/100kg

  • 主な経歴

    筑紫高校→同志社大学→ヤマハ発動機、サンウルブズ、トゥールーズ

  • 日本代表キャップ

    4
    ※2022年6月1日時点

  • ツイッター/インスタグラム

    @hinochan_ho
    @hinochan_ho

セットプレーを安定させる国際経験豊富な、機動力あるHO

4歳から兄の影響もあり、浮羽ヤングラガーズでラグビーを始め、中学3年で将来を見据えて、SO(スタンドオフ)からHOに転向した。筑紫高校、同志社大学を経て、トライアウトを受けてヤマハ発動機に入り、長谷川慎コーチらの指導も受けて年々、成長してきた選手だ。

トップリーグの活躍を受けて、ジェイミー・ジャパンとなった2016年11月のウェールズ代表戦で、初めて日本代表キャップを獲得した。2016-17シーズンはトップリーグの「ベスト15」にも選ばれた。

2017・18年はサンウルブズで、スーパーラグビーでもプレーしてアピールを続けたが、2019年ワールドカップに出場することは叶わなかった。2019年はフランスリーグ「TOP14」のトゥールーズでプレーして経験を積んだ。2021年シーズンは開幕戦でケガをし、1試合の出場に終わり悔しいシーズンとなった。

今季はケガから復帰し、10試合に出場。後半になるにつれて調子を上げていった。クラブ通算100キャップも達成。決して身長は大きくないものの機動力のあるHOとして円熟味を増してきた。

日本代表候補リストには名前がなかったが、6月のNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)に招集。国際経験値を生かして、スクラムの強さと、ラインアウトを安定させるスローワーとしてアピールしたい。そして、自身もプレーしたトゥールーズで、日本代表としてワールドカップに出ることを目標としている。

◆高校時代は3年間、東福岡に負けて花園に出場できなかった。好きな言葉は「身殺仁為」。大型自動二輪車、船舶2級の免許を持っている。試合前にMr.Childrenの「蘇生」を聞いてテンションを高めている。コーヒーが好きで、浜松餃子や、「さわやか」のハンバーグも好き。最近は韓国ドラマにはまっている。愛称は「ひのちゃん」。昨季から同志社大のスポットコーチとしてスクラムを強化している。今年、選手会の会長に就任した。

TEXT by 斉藤健仁
© JRFU

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります