松島 幸太朗

日本代表選手紹介

松島 幸太朗

松島 幸太朗

Kotaro MATSUSHIMA

  • 生年月日

    1993年2月26日

  • 出身

    ジンバブエ→南アフリカ

  • 所属

    ASMクレルモン・オーヴェルニュ(フランス)

  • ポジション

    FB(フルバック)/WTB(ウィング)

  • 身長/体重

    178cm/88kg

  • 主な経歴

    桐蔭学園高校→シャークス・アカデミー→サントリー

  • 日本代表キャップ

    41(2015、19年ワールドカップ日本代表)
    ※2021年11月1日現在

  • ツイッター

    @kouta121315

世界で活躍する、天性のバネとランに長けた万能バックス

自身2度目の出場となった2019年ワールドカップでいきなり、開幕戦からハットトリックを達成するなど、日本代表のエース的存在として活躍した、天性のバネとランに長けた万能BK(バックス)だ。ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)が就任した後の日本代表でも中心選手として存在感を見せ続け、昨年から活躍の舞台をフランスに広げている世界的な選手だ。

日本では幼少からサッカーやバレーボールをしていたが、ラグビーは南アフリカに住んでいた12歳~13歳頃から始めて、日本に戻ってからはワセダクラブでもプレーした。高校は神奈川の強豪・桐蔭学園に進学し、脅威のカウンター能力を見せて、3年では花園で優勝を経験した。

卒業後は日本の大学に進学することなく、南アフリカのシャークス・アカデミーで経験を積み、U20南アフリカ代表候補にも選出されたが、日本代表になれなくなる可能性があるため断った。エディー・ジョーンズHC体制下の2013年11月には日本代表に初招集され、2013年12月から日本に戻り、2014年春のフィリピン代表戦で初キャップを獲得、2015年ワールドカップに出場、3勝に貢献した。

トップリーグでは、2017-18シーズンにサントリーの優勝に大きく寄与し、リーグMVPも獲得した。ただ、日本でのプレーを続けるだけでなく、同時にワラターズ、レベルズ、サンウルブズとスーパーラグビーのチームでも研鑽を積み、それが、2019年ワールドカップでの高いパフォーマンスにつながった。

さらなる成長と挑戦を求めて、2020年からはフランスへ渡り、クレルモンでプレーしている。昨年12月チャンピオンズカップのブリストル戦でFBとして出場し、ハットトリックを達成。さらにプレーオフ1回戦のワスプス戦で決勝トライを決めるなど、4トライで大会トライ王にも輝き、欧州最優秀選手にノミネートされるなど進化を続けており、今季もリーグ戦6試合に先発出場を果たしている。

今年6月の欧州遠征ではブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦、アイルランド代表戦で先発出場した。今秋の欧州ツアーでもフランスから直接代表に合流することになった。日本代表には欠かせない存在の1人として、フランスで開催される2023年ワールドカップでも中軸として躍動するはずだ。

◆南アフリカでジャーナリストとして働いていたジンバブエ人の父と日本人の母を持つ。好きな食べ物はカレー、嫌いな食べ物はキノコ。子どもの頃の憧れはジャッキー・チェン、趣味はゴルフと映画鑑賞。好きな歌手はエミネム、リアーナ。好きな場所は谷中。愛称は「マツ」。フランスでの生活2季目となった今年は、日本からレンジでパスタを調理できる器具などを持ち込んで自炊生活にも備えている。

TEXT by 斉藤健仁
© JRFU

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります