姫野 和樹

日本代表選手紹介

姫野 和樹

姫野 和樹

Kazuki HIMENO

  • 生年月日

    1994年7月27日

  • 出身

    愛知県

  • 所属

    ハイランダーズ、トヨタ自動車ヴェルブリッツ

  • ポジション

    NO8(ナンバーエイト)

  • 身長/体重

    187cm/112kg

  • 主な経歴

    春日丘高校→帝京大学

  • 日本代表キャップ

    17 ※2019年ワールドカップ日本代表
    ※2021年5月31日現在

ニュージーランドでも「新人賞」獲得。ジャッカルが得意なバックロー

FL(フランカー)、NO8といったバックローでの出場が多いが、LO(ロック)としてもプレーできる身体の強さもある選手で、2019年ワールドカップでも大活躍した。自分の成長のために厳しい環境で、「ハングリーにプレーする必要がある」と今年6月まで、期限付き移籍でハイランダーズでプレーしている。

中学からラグビーを始め、春日丘高校時代からフィジカルに強い選手として際立っていた。高校3年の終わりには、高校ジャパンを飛び越えてジュニア・ジャパンやU20日本代表として選出された。そして、帝京大学1年で日本代表合宿に招集されたが、ケガを負ってしまった。大学では3、4年で出場時間が増え、帝京大学の8連覇に貢献した。

帝京大学を卒業しトヨタ自動車に入部すると、2007年ワールドカップで南アフリカ代表を優勝に導いたジェイク・ホワイト監督から、新人ながらチームキャプテンに指名された。トップリーグでは、6トライを挙げる活躍を見せてチームをトップ4へ押し上げ、さらに「新人賞」とFLで「ベスト15」をダブル受賞した。

同時に、2017年11月のオーストラリア代表戦で日本代表初キャップを獲得し、さらに2018年にはサンウルブズでスーパーラグビーにデビューし、11試合に出場。チーム内で最も活躍した新人選手にも選出されて一気にブレイク。その勢いのまま、日本代表にも定着し、2019年ワールドカップでは主力としてジャッカルやトライを決めるなど、ベスト8に大きく貢献した。

今年からスーパーラグビーのハイランダーズでプレーし、コロナ禍の影響で、シーズン途中からの加入ながら5試合に出場し、ブルーズ戦でトライを挙げるなど活躍が評価されて「スーパーラグビー・アオテアロア」の新人賞にも輝いた。

海外挑戦を経て、ジャッカルもランもできる総合力の高いバックファイブとしてさらに成長した。日本代表ではすでにリーダーの1人に指名されており、今後はプレー面だけでなく、リーダーシップも大いに期待されている選手だ。

◆名古屋の御田中学出身で、同級生には2016年度の大学選手権決勝で相対した東海大学主将のFL磯辺裕太(現・豊田自動織機)がおり、7人制ラグビー日本代表の羽野一志(NTTコミュニケーションズ)も先輩だ。ニュージーランドではジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)の自宅に招かれるなど、交流を深めた。また、現地ではトヨタ車の「ハイラックス」に乗っている。好きな歌手はケツメイシで、温泉や海外旅行に行くことがリラックス方法だ。

TEXT by 斉藤健仁
© JRFU

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります