小瀧 尚弘

日本代表選手紹介

小瀧尚弘

小瀧 尚弘

Naohiro KOTAKI

  • 生年月日

    1992年6月13日

  • 出身

    鹿児島県

  • 所属

    コベルコ神戸スティーラーズ

  • ポジション

    LO(ロック)

  • 身長/体重

    194cm/110kg

  • 主な経歴

    鹿児島実業高校→帝京大学→東芝ブレイブルーパス

  • 日本代表キャップ

    10
    ※2021年11月1日時点

  • ツイッター / インスタグラム

    @KOTAKI_JOESTAR / @kotaki_joestar

欧州遠征から急遽招集!フィジカルに長けた経験豊富なロック

LOのポジションにケガ人が続出したため、欧州遠征から追加招集されたのが日本代表10キャップを誇る小瀧尚弘だった。中学時代はサッカーでGKを務めていたが、中学の先生に勧められたこともあり鹿児島実業でラグビーを始めて花園に3度出場。

帝京大学に進学後もすぐに定位置を確保し、すべての学年で大学選手権優勝を経験した。卒業後、フィジカルに定評のある東芝に入ると、2015年度にはルーキーながら194cmの身長を活かして、「小瀧上げ」とチーム内で呼ばれる相手を抱えるタックルを武器に存在感を示し準優勝に貢献。トップリーグ新人賞にも選出された。

2016年4月にアジアラグビーチャンピオンシップの韓国代表戦で初キャップを獲得。その後、6月にはサンウルブズに召集されて、終盤の3試合に出場した。ジェイミージャパンでも大いに期待されて、2017年も日本代表として再びアジアラグビーチャンピオンシップに出場。しかしその後は、ジャパンからは遠ざかってしまい、2019年ワールドカップ出場は叶わなかった。

昨季のトップリーグでは東芝で8試合すべてに出場。そして今季、6シーズン在籍したチームを離れ、1月から始まるリーグワンでは、プロ選手としてコベルコ神戸スティーラーズでプレーする。今回のチャンスを活かし、2023年フランス大会で念願のワールドカップ出場を手繰り寄せたい。

◆現在、日本代表の副キャプテンを務めるCTB(センター)中村亮土は1学年先輩で、高校、大学と一緒に戦った。ラグビーを初めた2年目、U17日本代表に選ばれた後、一度競技を辞めたいと思った時期があったという。そんな小瀧を励ましたのが後に東芝、日本代表でLOコンビを組むことになる14歳年上の大野均で、お酒を酌み交わす仲だった。ポケモンと漫画「ジョジョの大冒険」が好きで、自身も「ジョジョ立ち」を披露することも。

TEXT by 斉藤健仁
© JRFU

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります