ジョネ・ナイカブラ

日本代表選手紹介

ジョネ・ナイカブラ

ジョネ・ナイカブラ

Jone Naikabula

  • 生年月日

    1994年4月12日

  • 出身

    フィジー

  • 所属

    東芝ブレイブルーパス東京

  • ポジション

    WTB(ウィング)

  • 身長/体重

    177cm/95kg

  • 主な経歴

    ケルストンボーイズ高校→摂南大学

  • 日本代表キャップ

    0
    ※2021年10月1日時点

トライを取り切る力を持つスピードとステップに長けたWTB

今秋、新たに日本代表入りを果たした、スピードとステップを武器に1人でトライを取りきる走力を持ったWTBだ。もともとフィジーのナドローガという人口200人の村の出身で、幼少期は祖母に育てられた。7歳でラグビーを始めて、元オールブラックス主将のタナ・ウマンガに憧れて18歳の時にニュージーランドへ留学した。

当初は英語もあまり話せなかったというが、すぐに溶け込み、大きく成長。ケルストンボーイズ高校時代は、7人制ラグビーのニュージーランド高校代表にも選ばれるほどだった。スカラーシップで日本の摂南大学法学部に進んで頭角を現し、2017年には7人制ラグビーの日本代表としてもプレーした。卒業後の2018年、東芝に入団したが、その年のラグビーワールドカップセブンズにも出場を果たした。

その後は、15人制ラグビーで日本代表を目指し、東芝で研鑽を積んできた。昨季のトップリーグでは6試合に出場し、5トライを挙げて日本代表候補にも選ばれたが、結婚式の予定があったため、6月の参加は見送った。エースWTB福岡堅樹が引退し、ナイカブラにとっては大きなチャンスとなろう。2023年ワールドカップを目指し、今秋はまず初キャップを得たい。

◆尊敬する選手は東芝でチームメイトだったリチャード・カフイ。シャイな性格だが、同じフィジーにルーツを持つFL(フランカー)リーチ マイケルや、WTB/FB(フルバック)セミシ・マシレワら、フィジー出身のチームメイトとはよく話しているという。結婚式は結局、コロナ禍の影響で延期され、来春挙げる予定だという。

TEXT by 斉藤健仁
© JRFU

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります