ホセ・アブレイユ

ホセ・アブレイユ

79

ホセ・アブレイユ

José Abreu

  • 所属

    シカゴ・ホワイトソックス

  • ポジション

    内野手

  • 生年月日

    1987年1月29日

  • 身長/体重

    191cm/107kg

  • 投打

    右投右打

  • 出身

    キューバ共和国クルセス

  • プロ入り

    2013年アマチュアFA

  • 年俸

    1767万ドル(約19億2000万円)

  • 主なタイトル・表彰

    ・打点王:2回 (2019・20年)
    ・シーズンMVP:1回(2020年)
    ・新人王:(2014年)
    ・シルバースラッガー賞:3回(2014・2018・20年)

  • 2020年成績

    打率
    .317
    本塁打
    19
    打点
    60
    盗塁
    0

昨季のMVP、キューバから来たメジャー屈指のスラッガー

爆発的な長打力と巧みなバットコントロールを兼ね備えた、高い完成度を誇るキューバ最強スラッガー。長くキューバリーグのシエンフエーゴスで中心選手として活躍した後、2013年にアメリカへ亡命。ホワイトソックスと契約してプロ入りを果たす。ちなみに、ヤシエル・プイグと現チームメイトのヨアン・モンカダは、キューバリーグ時代のチームメイト。

MLBデビューを果たした2014年は開幕からいきなりその実力を発揮し、145試合の出場で打率.317(リーグ5位)、36本塁打(リーグ3位)、107打点(リーグ4位)としたほか、リーグトップの長打率.581とリーグの2位の.964 OPSをマークし、1位満票でアメリカン・リーグ新人王を獲得。

以後もメジャー屈指のスラッガーとして活躍を続け、2019年はキャリアハイの123打点をマークして初の打点王に輝き、3度目のオールスター選出も果たすと、短縮シーズンとなった昨季は全60試合に出場し、打率.317(リーグ4位)、76安打(リーグ1位)、19本塁打(リーグ2位)、60打点(リーグ1位)、.987 OPS(リーグ5位)と出色のパフォーマンスで、2年連続して打点王のタイトルを獲得すると共に、ア・リーグMVPに輝いた。

主力選手ながら大きめの背番号79は、キューバ時代に母親が79を選んだことに由来する。

※データは2021年3月20日時点
※1ドル=108円で計算

ホセ・アブレイユ相関図

ホワイトソックスとツインズは同じアメリカン・リーグ中地区であり、今季はエースとしてツインズの先発ローテーションを牽引する前田健太と、昨季ア・リーグMVPのアブレイユを中軸に据えた強打ホワイトソックス打線の直接対決に注目が集まる。

そのホワイトソックス打線でアブレイユと共に中心的な役割を果たす同じキューバ出身のヨアン・モンカダは、キューバ時代のシエンフエーゴスでもチームメートであり、亡命を経てMLBした経緯も一緒。

また、現在フリーエージェントとなっているヤシエル・プイグも、シエンフエーゴスでの元チームメート。

アブレイユは2014年ア・リーグ新人王に輝いているが、この年はジョージ・スプリンガー、ニック・カステヤノス、田中将大、トレバー・バウアーといった錚々たる面々を退けてのタイトル獲得だった。

注目選手一覧

ご視聴方法

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります