マイク・トラウト

マイク・トラウト

27

マイク・トラウト

Mike TROUT

  • 所属

    ロサンゼルス・エンジェルス

  • ポジション

    外野手

  • 生年月日

    1991年8月7日

  • 身長/体重

    188cm/107kg

  • 投打

    右投右打

  • 出身

    ニュージャージー州

  • プロ入り

    2009年ドラフト1巡目

  • 年俸

    3712万ドル(50億1075万円)

  • 主なタイトル・表彰

    打点王:1回(2014年)
    盗塁王:1回(2012年)
    シーズンMVP 3回:(2014・16・19年)
    新人王(2012年)
    シルバースラッガー賞:9回(2012~16・18~20・22年)
    ハンク・アーロン賞:2回(2014・19年)

  • 2022年成績

    打率
    .283
    本塁打
    40
    打点
    80
    盗塁
    1

レジェンドたちと肩を並べる最高の強打者

比類ないパワーで長打を量産する打力と、チームメイトの大谷翔平をも上回る走力で、2019年に史上最年少で200本塁打と200盗塁を達成したほか、2011年のMLBデビュー以降、これまでオールスター選出10回、リーグMVP3回、そしてシルバースラッガー賞9回獲得を果たしている。

2009年のプロ入り以来、エンジェルス一筋のトラウトは、2019年に米スポーツ史上最高額となる12年総額4億2650万ドル(575億7750万円)でエンジェルスと契約を延長。これは全球団トレード拒否権とオプトアウトなしで、39歳を迎える2030年までの契約となっており、事実上の「生涯契約」となった。

短縮シーズンとなった2020年の成績は、打率.281、17本塁打(リーグ4位)、46打点(リーグ3位)と、トラウト的水準からするとやや低迷した感はあったものの、『MLB.com』は続く2021シーズン開幕を前に、「トラウトは未だにこのゲームで最高の選手であり、全盛期真っ只中の(未来の)一発殿堂にして、ハンク・アーロン、ウィリー・メイズ、そしてミッキー・マントルといった偉大なる選手たちと同じ次元で語られる存在」と評価。

未来のG.O.A.T(Greatest Of All Time = 史上最高)候補であるのは疑いようのない事実だが、近年はケガに悩まされることが多く、2021年は36試合の出場に留まると、2022年も故障によりオールスターゲーム出場を辞退するなど119試合の出場に留まった。

しかし、後半は9月に7試合連続本塁打を放つなど、復活をアピールし、最終的には規定打席未到達ながらチーム最多の40本塁打をマーク。また、シーズン中の7月には、早々とキャプテンとしてWBCに参加する意思を表明した。

そのWBCでは、1次ラウンド勝ち抜けのかかったプールC最終戦でチームの全打点を挙げるなど、大事な場面でチームを牽引し、決勝進出を果たす。日本と対戦した決勝では、1点を追う9回二死で打席に入ると、この回から登板したエンジェルスのチームメイトである大谷翔平との夢のマッチアップが実現。しかし、ここは二刀流スターの前に三振に倒れ、『大谷劇場』に華を添える格好となった。

※データは2023年2月20日時点
※1ドル=135円で換算

ご視聴方法

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります