ムーキー・ベッツ

ムーキー・ベッツ

50

ムーキー・ベッツ

Mookie Betts

  • 所属

    ロサンゼルス・ドジャース

  • ポジション

    外野手

  • 生年月日

    1992年10月7日

  • 身長/体重

    175cm/82kg

  • 投打

    右投右打

  • 出身

    テネシー州

  • プロ入り

    2011年ドラフト5巡目172位

  • 年俸

    2250万ドル(27億円)

  • 主なタイトル・表彰

    ・首位打者:1回(2018年)
    ・シーズンMVP:1回(2018年)
    ・シルバースラッガー賞:4回(2016・18~20年)
    ・ゴールドグラブ賞:5回(2016~20年)

  • 2021年成績

    打率
    .264
    本塁打
    23
    打点
    58
    盗塁
    10

走攻守の全てがMLB最高レベルの優勝請負人

MLB現役最高外野手の1人であり、2018年にレッドソックスで、2020年にドジャースでワールドシリーズ制覇を果たした優勝請負人。卓越したバットコントロールと穴のない打撃は完成の域に達しており、俊足による守備範囲の広さと強肩に加え、ホームランをかっさらうフェンス際のジャンピングキャッチで、ファンを沸かせる外野の守備はもはや名人芸。

レッドソックスをワールドチャンピオンに導いた2018年は、打率.346で首位打者のタイトルを獲得したほか、リーグ最多の129得点を記録し、さらに32本塁打、30盗塁をマークしてトリプルスリーを達成。ゴールドグラブ賞やシルバースラッガー賞なども受賞し、自身初のリーグMVPに輝いた。なお、ゴールドグラブ賞は2016年から2020年にかけて5年連続で受賞している。

2020年1月にトレードで、1988年以来となる悲願のワールドシリーズ制覇を狙うドジャースに入団すると、短縮シーズンとなった同年は、レギュラーシーズンに打率.292、16本塁打、10盗塁をマーク。ポストシーズンでは重要な局面で好守を連発し、優勝請負人の面目躍如たる活躍で、チームのワールドシリーズ制覇に貢献すると、ナショナル・リーグMVP投票で2位に入った。

チームの柱として連覇を目指した昨季は、オールスターに選出されるも、ケガで辞退。結局のこのケガに悩まされたことで、レギュラーシーズンの出場は122試合に留まった。地区2位で進出したプレーオフでは、ディビジョンシリーズこそ出色のパフォーマンスを見せるも、ブレーブスに敗れたチャンピオンシップシリーズでは、打率1割台と不本意な成績に終わったことから、2022年シーズンに懸ける意気込みは並々ならぬものがあるはずだ。なお、余談ながらボーリングはプロボーラー級の腕前であり、実際にプロの大会に出場した実績もある。

※データは2022年4月1日時点
※1ドル=120円で計算

注目選手一覧

ご視聴方法

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります