ダルビッシュ有

ダルビッシュ有

11

ダルビッシュ有

Yu Darvish

  • 所属

    サンディエゴ・パドレス

  • ポジション

    投手

  • 生年月日

    1986年8月16日

  • 身長/体重

    196cm/100kg

  • 投打

    右投右打

  • 出身

    大阪府羽曳野市

  • プロ入り

    2004年 NPBドラフト1巡目

  • 年俸

    2200万ドル(約23億9000万円)

  • 主なタイトル・表彰

    ・最多勝利:1回(2020年)
    ・最多奪三振:1回(2013年)

  • 2020年成績

    登板回
    76.0(登板:12)
    勝敗
    8勝3敗
    奪三振
    93
    防御率
    2.01

11種類のボールを自在に操る昨季の最多勝右腕

円熟のキャリア全盛期を迎えたMLB屈指の右腕。実戦で使用する球種は、昨年、新球種であるスプリーム(スプリットとツーシームの中間)を加えたことで、11種類(フォーシーム、ツーシーム、スライダー、2種類のカットボール、スプリット、カーブ、スローカーブ、ナックルカーブ、チェンジアップ、スプリーム)に及び、それらを自在に操る予測不可能な投球で三振の山を築く。

2012年にレンジャーズでMLBデビューを飾ると、2年目の2013年は277奪三振で奪三振王に輝き、サイ・ヤング賞投票で2位に入った。その後、2015年にトミー・ジョン手術を受けて長期離脱し、2018年にも右上腕と肘を痛めるなど、幾度のケガに悩まされるも、カブス入団2年目の2019年は、シーズン後半に本来の調子を取り戻し、完全復活を遂げる。

短縮シーズンとなった2020年も無双レベルにあった2019年後半のパフォーマンスを持続させ、12試合に先発し、8勝3敗、防御率2.01(リーグ2位)、93奪三振(リーグ4位)と圧巻の成績で、日本人初となる最多勝のタイトルを獲得し、サイ・ヤング賞投票で再び2位に入った。

この春のスプリングトレーニングでも、オフのトレードで移籍したパドレスで好投を見せており、打倒ドジャースに向けた最重要選手にして、開幕投手の最有力候補と目されている。

※データは2021年3月20日時点
※1ドル=108円で計算

ダルビッシュ有の相関図

ダルビッシュと共にカブスからパドレスへトレードで移籍した捕手のカラティーニは、カブス時代にダルビッシュの「パーソナル・キャッチャー」と言われ、控え捕手ながら、ダルビッシュの登板試合ではメインでマスクをかぶり、右腕が2019年後半以降に見せた復活劇を相棒役として支えた。

現在、投げ分ける11球種の一つであるナックルカーブは、カブス時代のチームメートであるクレイグ・キンブレル直伝。

また、同じく元チームメートのリゾが2019年ゴールドグラブ賞を受賞すると「オレが何度ベースカバーに走ったことか」とツッコミ。「ヴィトンのバッグパックを買ってくれたらカバーしなくてよくなる」とじゃれあったとか。

昨季、サイヤング賞を争ったトレバー・バウアーとは、トレーニング方法の情報交換をするなど、親しい間柄であり、互いを認め合う良きライバル。今季はお互い同地区のライバル球団に移籍し、直接対決の可能性も。

注目選手一覧

ご視聴方法

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります