ダルビッシュ有

ダルビッシュ有

11

ダルビッシュ有

Yu DARVISH

  • 所属

    サンディエゴ・パドレス

  • ポジション

    投手

  • 生年月日

    1986年8月16日

  • 身長/体重

    196cm/99kg

  • 投打

    右投右打

  • 出身

    大阪府

  • プロ入り

    2004年NPBドラフト1位

  • 年俸

    3000万ドル(約39億2700万円)

  • 主なタイトル・表彰

    最多勝利:1回(2020年)
    最多奪三振:1回(2013年)

  • 2022年成績

    登板回
    194.2
    勝敗
    16勝8敗
    奪三振
    197
    防御率
    3.10

侍ジャパンのエース、日本が誇るMLB屈指の右腕

年々球種を増やしており、2020年には新球種のスプリーム(スプリットとツーシームの中間)をレパートリーに加えたことで、実戦で使用する球種は11種類(フォーシーム、ツーシーム、スライダー、2種類のカットボール、スプリット、カーブ、スローカーブ、ナックルカーブ、チェンジアップ、スプリーム)に及び、それらを自在に操る予測不可能な投球で三振の山を築く。

2012年にレンジャーズでMLBデビューを飾ると、2年目の2013年は277奪三振で奪三振王に輝き、サイ・ヤング賞投票で2位に入った。その後、2015年にトミー・ジョン手術を受けて長期離脱し、2018年にも右上腕と肘を痛めるなど、幾度のケガに悩まされるも、カブス入団2年目の2019シーズン後半に本来の調子を取り戻して完全復活。

短縮シーズンとなった2020年は無双レベルのパフォーマンスを持続させ、12試合に先発し、8勝3敗、防御率2.01(リーグ2位)、93奪三振(リーグ4位)と圧巻の成績で、日本人初となる最多勝のタイトルを獲得し、サイ・ヤング賞投票で再び2位に入った。

2021年オフに、打倒ドジャースの旗頭として鳴り物入りのトレードでパドレスに移籍したが、初年度はシーズン後半に失速。2桁敗戦にキャリアワーストの防御率を記録するなど、不本意な成績に終わった。

しかし、昨季は16勝(リーグ3位タイ)、クオリティスタート25回(リーグ1位)、WHIP 0.95(リーグ2位)、奪三振/与四球比率5.32(リーグ2位)と、エースとして、シーズンを通じて抜群の安定感を見せ、チームのポストシーズン進出を牽引。プレーオフでも先発ローテーションの中心として、チームのリーグチャンピオンシップシリーズ進出に大きく貢献した。

今回のWBCは侍ジャパンのエースにして精神的支柱として参戦。1次ラウンド1試合に先発登板したほか、準々決勝のイタリア戦、決勝のアメリカ戦に救援登板し、日本代表による3度目の大会制覇に貢献。個人的には2009年以来となる、2度目のWBC制覇を達成した。

※データは2023年2月20日時点
※1ドル=135円で換算

ご視聴方法

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります