大谷翔平

大谷翔平

17

大谷 翔平

Shohei OHTANI

  • 所属

    ロサンゼルス・エンジェルス

  • ポジション

    投手兼DH

  • 生年月日

    1994年7月5日

  • 身長/体重

    193cm/95kg

  • 投打

    右投左打

  • 出身

    岩手県

  • プロ入り

    2012年 NPBドラフト1位

  • 年俸

    3000万ドル(約39億2700万円)

  • 主なタイトル・表彰

    シーズンMVP(2021年)
    新人王(2018年)
    シルバースラッガー賞:1回(2021年)

  • 2022年成績

    打率
    .273
    本塁打
    34
    打点
    95
    盗塁
    11
    投球回
    166
    勝敗
    15勝9敗
    奪三振
    219
    防御率
    2.33

侍ジャパンの最重要ピース、唯一無二の二刀流スター

初めて二刀流としてフルシーズン本格稼働した2021年は、個人によるMLB史上最高のシーズンと評される圧巻のパフォーマンスで全米のベースボールファンを虜にし、アメリカン・リーグのシーズンMVPを獲得した。さらに昨季はMLB史上初となる投打での規定回達成を成し遂げており、その野球選手としての物凄さは、もやは説明不要のレベルに達しつつある。

振り返ると、2018年のMLBデビューから規格外のプレーを見せ、100マイル越えの速球と、圧倒的飛距離の打撃による超人的活躍で、打者として打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁という成績を残すかたわら、投手としては10試合に登板し、4勝2敗、防御率3.31とし、MLB史上初となる同一シーズンでの「10登板、20本塁打、10盗塁」を達成し、アメリカン・リーグ新人王に輝く。

その後、同年10月にトミー・ジョン手術を受けたため、2019年は投手としてリハビリ調整ながら、打者に専念。シーズン18本塁打で、2年連続2桁本塁打をマークするも、9月に左膝を手術し、シーズンを半ばで終了。短縮シーズンとなった2020年は、開幕から二刀流でプレーするも、投手としては2試合に先発登板し、計1回2/3を投げて7失点とした後、右回内屈筋群損傷と診断され打者に専念。打者としての成績も低迷したままシーズンを終えた。

しかし、気力ともに充実して臨んだ2021年は、当時チームを率いた名将ジョー・マドン監督が大谷の起用法について、「これまでのルールに縛られない」と述べた通り、二刀流でフル稼働。シーズン序盤から投打でハイパフォーマンスを持続させると、初選出となったオールスターゲームでは、MLB自体が大谷のため、ルールを変更したことで、投打二刀流での球宴先発出場という史上初の快挙を成し遂げた。

最終的に、2021年は投手として23試合に先発登板し、130回1/3を投げ、9勝2敗、防御率3.18、156奪三振と堂々たる成績を残しつつ、打者としては155試合に出場し、打率.257/出塁率.372/長打率.592、46本塁打(MLB3位)、8三塁打(MLB1位タイ)、100打点(ア・リーグ13位)、103得点(ア・リーグ8位)をマーク。この他、26盗塁も記録し、史上初となる1シーズン45本塁打以上、25盗塁以上、100打点以上、8三塁打を達成する歴史的なシーズンを送った。

そして、自らハードルを上げて臨んだ昨季は、投手としてさらなる飛躍を見せ、28試合に先発登板し、166回を投げ、15勝(ア・リーグ4位タイ)9敗、防御率2.33(ア・リーグ4位)、219奪三振(ア・リーグ3位)、奪三振率11.87(ア・リーグ1位)、WHIP 1.01(ア・リーグ5位)と圧巻の成績を残し、サイ・ヤング賞投票で4位に入った。

また、打者としてはともにキャリアハイとなる160安打、30二塁打を記録し、さらにスラッシュライン.273/.356/.519、.875 OPS(ア・リーグ5位)、34本塁打(ア・リーグ4位)、95打点(ア・リーグ7位)をマークしてシーズン後のMVP投票で、ア・リーグ本塁打記録を塗り替えたアーロン・ジャッジに次ぐ2位に入った。

侍ジャパンの最重要ピースとして出場したWBCでも、圧倒的な二刀流パフォーマンスを惜しみなく披露し、日本代表を3度目の大会制覇へと牽引。アメリカとの決勝戦では、9回二死の場面でエンジェルスのチームメイトにしてスター選手のマイク・トラウトを三振に打ち取って胴上げ投手となったほか、大会を通じ、打者としてはスラッシュライン.435/.606/.739、1.345 OPS、1本塁打、8打点、そして投手としては2勝1セーブ、防御率1.86、11奪三振の成績を残し、大会MVPを獲得した。

※データは2023年2月20日時点
※1ドル=135円で換算

ご視聴方法

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります