鈴木誠也

鈴木誠也

27

鈴木 誠也

Seiya SUZUKI

  • 所属

    シカゴ・カブス

  • ポジション

    外野手

  • 生年月日

    1994年8月18日

  • 身長/体重

    180cm/83kg

  • 投打

    右投右打

  • 出身

    東京都

  • プロ入り

    2012年NPBドラフト2位

  • 年俸

    1800万ドル(24億3000万円)

  • 2022年成績

    打率
    .262
    本塁打
    14
    打点
    46
    盗塁
    9

デビューイヤーからさらなる飛躍を誓う

日本球界では2012年のドラフトで広島東洋カープに指名され、プロ入り。2013年に1軍デビューを果たすと、その後も一貫して広島でプレーし、首位打者のタイトルを2回獲得するなど、日本最高の打者の1人として球界に君臨。

そして2021シーズン終了後に満を辞して渡米すると、昨年3月18日に当時メジャー移籍時の契約としては日本人野手史上最高額となる5年8500万ドル(114億8000万円)の大型契約でカブスに入団した。入団会見で背番号を27にした理由について問われた鈴木は、それまで通訳を介して話していた日本語から一転、英語で「マイク・トラウト、アイ・ラブ・ユー」と述べた。

これについて、『MLB.com』では「27歳のスズキは確かにマルチツール(攻守に優れている)であり、カブスと5年8500万ドルで契約する前にプレーしたカープでトラウト的才能を見せてきた」とし、「昨季ヒロシマで132試合に出場し、打撃成績を打率.317/出塁率.433/長打率.639とし、38本塁打、88打点で四球もそれと同じくらいあった」と紹介。さらに、2019シーズンにはキャリアベストの25盗塁を記録」と、走力も備わっていることを印象付けた。

昨季開幕後は春先に躍動。4月はスラッシュライン(打率/出塁率/長打率).279/.405/.529、OPS.934、4本塁打、14打点、14四球をマークし、ナショナル・リーグのルーキー・オブ・ザ・マンス(月間最優秀新人)に選出されるとともに、シーズン序盤は新人王のパワーランキングで上位に定着する。

その後、調子を落とす時期があり、6月は丸々負傷者リスト入りするなど、新人王レースから脱落するも、7月4日の復帰戦ではランニングホームランを記録するなど印象的なパフォーマンスを見せるとともに、一貫して上位打線に定着。最終的には打率.262、14本塁打でデビューイヤーを終えた。

東京五輪2020で金メダルを獲得した侍ジャパンの主砲。2019年の第2回WBSCプレミア12でも、日本代表の主砲として3試合連続本塁打を放って日本の大会制覇に貢献し、MVPを獲得。このオフには2023 WBC日本代表への参加を明言し、1月に栗山英樹監督が鈴木の代表入り決定を発表したが、脇腹の故障により辞退している。

※データは2023年2月20日時点
※1ドル=135円で換算

ご視聴方法

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります