ジョージ・スプリンガー

ジョージ・スプリンガー

4

ジョージ・スプリンガー

George Springer

  • 所属

    トロント・ブルージェイズ

  • ポジション

    外野手

  • 生年月日

    1989年9月19日

  • 身長/体重

    191cm/100kg

  • 投打

    右投右打

  • 出身

    コネチカット州ニューブリテン

  • プロ入り

    2011年ドラフト1巡目(全体11位)

  • 年俸

    2200万ドル(約23億9000万円)

  • 主なタイトル・表彰

    ・シルバースラッガー賞:2回(2017・19年)
    ・ワールドシリーズMVP:1回(2017年)

  • 2020年成績

    打率
    .265
    本塁打
    14
    打点
    32
    盗塁
    1

破壊力とスピードを併せ持った、切り込み隊長にして優勝請負人

先頭打者本塁打を代名詞とする破壊力とスピードを併せ持ったリードオフヒッター。ニックネームは「ホルヘイ」。その高い身体能力から、高校時代は野球とサッカーの二足の草鞋を履き、高校卒業の2008年にドラフト48巡目でツインズから指名されるも、その際は大学進学を選択。その後、2011年のドラフトを経てアストロズに入団。

2014年にアストロズからMLBデビューを果たすと、翌年以降チームの主力として活躍。2017年には球団史上初のワールドシリーズ制覇に貢献し、自身はシリーズMVPを獲得。2021年1月に6年1億5000万ドルでブルージェイズに入団。

アストロズ時代、1番打者として多くの先頭打者本塁打を放った実績もさることながら、1番打者として出場した試合では、打率.296、出塁率.379、.944 OPSと高い数字を残していることから、ブルージェイズでもリードオフとしての起用が予想される。

このスプリングトレーニングでは、既にリーダーの1人としてチームに溶け込んでおり、その豊富なポストシーズンの経験から、モントヨー監督をして「彼はチームが10月に辿り着くのに何が必要かを知っているし、10月にうちの選手たちを先導してくれるのを楽しみにしている」と、優勝請負人としての期待値も高い。

※データは2021年3月20日時点
※1ドル=108円で計算

ジョージ・スプリンガー相関図

ブルージェイズは今季から澤村拓一の加入したレッドソックスと同じアメリカン・リーグ東地区であり、今季は日本人ルーキーとMLB屈指のリードオフマンの対戦が非常に楽しみなところ。

また、同東地区のヤンキースには、アストロズでチームメートだったゲリット・コールがエースとして君臨しており、こちらの元同僚対決にも注目が集まる。

また、前田健太のツインズは中地区ながら同じア・リーグであり、今季はシーズン終盤に7試合が組まれているため、両チームの状況次第では、ポストシーズンへ向け、かなり白熱した場面で直接対決が実現する可能性もある。

レッドソックスのマット・バーンズは、10代前半の頃から互いを良く知る親友であり、大学は共にコネチカット大学に進学した。今季は同地区になったことで機会の増えるであろうこの親友対決も見ものだ。

注目選手一覧

ご視聴方法

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります