アレックス・ブレグマン

アレックス・ブレグマン

2

アレックス・ブレグマン

Alex Bregman

  • 所属

    ヒューストン・アストロズ

  • ポジション

    内野手

  • 生年月日

    1994年3月30日

  • 身長/体重

    183cm/87kg

  • 投打

    右投右打

  • 出身

    ニューメキシコ州アルバカーキ

  • プロ入り

    2015年ドラフト1巡目(全体2位)

  • 年俸

    1267万ドル(約13億8000万円)

  • 主なタイトル・表彰

    ・シルバースラッガー賞:1回 (2019年)

  • 2020年成績

    打率
    .242
    本塁打
    6
    打点
    22
    盗塁
    0

走攻守ともハイレベルでこなす現役最高メジャーリーガーの1人

走攻守が高い次元でまとまった現役最高メジャーリーガーの1人であり、今季アメリカン・リーグMVPの有力候補。打者としては力強く美しいスイングで長打を量産し、守備面では本職の三塁以外にも遊撃手をこなすなど、野手として高い万能性を持っている。

2017年にアストロズがワールドシリーズ初制覇を果たした際、主力メンバーの1人だったブレグマンは、学生時代からスター街道を邁進。高校時代は2年生にしてニューメキシコ州の本塁打記録を塗り替えるなど、スター選手として活躍。2012年のMLBドラフトで29巡目にレッドソックスから指名されるも、ルイジアナ州立大学への進学を選択。

大学時代も全米代表に選出され、ゴールデングラブ賞を受賞するなど輝かしい実績を残すと、2015年のドラフト1巡目でアストロズから指名されプロ入り。2016年にMLBデビューを果たすと、2017年のワールドシリーズ制覇を経て、リーグ屈指の野手となる。ただ、2020年はサイン盗み疑惑やコロナ、さらにはケガもあり不振のシーズンとなった。

彼の背番号2は「ジーター愛」によるものであり、2017年当時、ニューヨーク地元紙の取材に対し、母方の家族がロングアイランド出身のブレグマンは、「僕は子供の頃からデレク・ジーターが大好きだった。彼は正にフィールド上のキャプテンであり、ここぞという場面で期待に応えてくれる。彼はとにかく自分のチームにいて欲しい存在であり、一緒に戦いたい選手だから、僕は背番号2をつけているんだ」と語っている。

※データは2021年3月20日時点
※1ドル=108円で計算

アレックス・ブレグマン相関図

ブレグマンの所属するアストロズは、今季日本人投手の最も多いディビジョンとなるアメリカン・リーグ西地区。このため、今季はブレグマンを始め、ホセ・アルトゥーベやカルロス・コレアを擁するアストロズ打線と、菊池雄星、有原航平、そして大谷翔平の対決に注目が集まる。

ちなみに、菊池はこれまでレギュラーシーズンではアストロズ戦5試合に先発し、2敗未勝利としており、大谷はこれまで2試合に先発し、勝敗はついていない。

なお、フィリーズ所属の投手で、ブレグマン同様オールスター出場経験のあるアーロン・ノラは、ルイジアナ州立大学時代のチームメートであり、ルームシェアをしていた旧知の仲。

注目選手一覧

ご視聴方法

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります