拓殖大学 ラグビー部 チーム紹介

拓殖大学

TEAM INFORMATION

過去3回大学選手権に出場しており、FW(フォワード)、特にスクラムの強さに定評がある。2020年から3年間は2部での戦いを強いられていたが、2022シーズン、2部で全勝優勝。入替戦で関東学院大学を26-17で下して2019年以来の1部昇格を決めた。

2004年からワールドでプレーしたOBである遠藤隆夫監督が指導している。春季大会のCグループでは大東文化大学、関東学院大学には敗れたが、青山学院大学、成蹊大学、日本体育大学と対抗戦勢からは3勝を挙げた。

主将はSH(スクラムハーフ)木本真太郎(4年)が務める。FWは主力の多くが卒業したこともあり、PR(プロップ)イジー・ソード(4年)、FL(フランカー)から上がったHO(フッカー)古川太一(2年)、LOコルター晴(2年)、さらに新人のLO(ロック)サムエルオーウェン・ウォーターマン、NO8ハーダス・ロスマン(ともに1年)の大型選手がレギュラーポジションを得ている。

BKは2022シーズンを経験している選手が多く、SO(スタンドオフ)/WTB(ウイング)山本晟人、CTB(センター)奥田勇志、WTB(ウイング)高桑稜(いずれも4年)らが中心だ。1年ではすでにFB奥田魁がレギュラーとして躍動し、SO桃木承太朗(ともに京都成章)も先発し、即戦力となっている。

目標は3位以内に入って大学選手権出場に定めた。外国人留学生を中心とした大型FWで相手にプレッシャーをかけて、BKでもしっかりトライを取り切りたい。

TEXT:斉藤健仁
※掲載情報は8月31日時点

拓殖大学ジャージー

関東大学リーグ戦 過去5年間の順位

2022年
2部1位(1部昇格)
2021年
2部5位
2020年
2部6位
2019年
7位(2部降格)
2018年
6位

拓殖大学注目選手・選手名鑑

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります