流通経済大学 ラグビー部 チーム紹介

流通経済大学

TEAM INFORMATION

2021シーズンはコロナ禍の影響もあり、調子に乗れず3勝4敗で5位に沈んでしまった流通経済大学。ただ、2022シーズンはFW(フォワード)、BK(バックス)関係なく、グラウンドのどこからでもアタックする「ダイナミックラグビー」を見せて、優勝した東海大学に敗れたものの、6勝1敗で2位につけた。だが、大学選手権では3回戦で、対抗戦4位だった慶應義塾大学に5-45で敗れてシーズンを終えた。

今季、18年間チームを指揮した内山達二・前監督が退き、コーチを務めていた池英基氏が新たに指揮官に就任した。「選手、スタッフが一致団結し一枚岩となり、大学関係者・OB諸兄・地域の皆様のご協力を賜りながら、強く皆から愛されるチームづくりをしたい。前監督が築きあげた『RKU Rugby Pride』を継承しつつ、新しい取り組みにもチャレンジします」と意気込んでいる。

HO(フッカー)作田駿介、LO(ロック)ブレンドン・ネル、LO神田康生、FL(フランカー)篠澤輝、SH(スクラムハーフ)武井陽昌、SO(スタンドオフ)/CTB(センター)/FB(フルバック)ステファーナス・デュトイら4年生がチームを引っ張る。

他にもLOシンクル蓮、CTBアンドリュー・ヘイウォード、横山伊織、WTB(ウイング)/FB中村楓馬(いずれも3年)、トンガ出身のLOティシレリ・ロケティ(2年)らがいる。

また、新人もHO小澤天、CTB加藤アディナンら流通経済大柏からの11人を含め、30名あまりが加入した。

東日本大学セブンズは惜しくも準優勝だったように、ボールを持ったときのアタック力は健在。春季大会Aグループでは東洋大学にしか勝利できず、1勝4敗に終わったが、多くの選手が経験を積んだことは秋につながるはずだ。池新監督の下、2014年以来4度目のリーグ戦王者を目指す。

TEXT:斉藤健仁
※掲載情報は8月31日時点

流通経済大学ジャージー

関東大学リーグ戦 過去5年間の順位

2022年
2位(大学選手権3回戦敗退)
2021年
5位
2020年
2位(大学選手権ベスト8)
2019年
3位(大学選手権ベスト8)
2018年
3位(大学選手権ベスト8)

流通経済大学のコラム一覧

記事一覧はこちら

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります