立教大学 ラグビー部 チーム紹介

立教大学

TEAM INFORMATION

2021シーズンの関東大学対抗戦は、ライバルの青山学院大学に敗れて7戦全敗。最下位でシーズンを終え、入替戦で成蹊大学に37-5で勝利して残留した。2022シーズン、元治裕一監督が就任し、ラグビー面に関しては元トップリーガーの中村洋平HC(ヘッドコーチ)が中心となって指導した。対抗戦では日本体育大学だけでなく、最終戦で青山学院大学に勝利。2勝を挙げて6位に入った。

キャプテンはSH(スクラムハーフ)北川時来、副キャプテンにはバックローの羽間圭司、FB(フルバック)天羽秀太(いずれも4年)が就いた。創部100周年を迎えている今季は、スローガンに「BEAT」を掲げて、99年の礎に感謝しつつ、目の前の戦いに打ち勝ち、立教ラグビー部の新たな歴史の扉を開くべく、「大学選手権出場」「ジュニア選手権昇格」を目指している。

リーダー陣以外にもFW(フォワード)はPR(プロップ)八代デビット太郎、HO(フッカー)三村真嶺(ともに3年)、LO(ロック)島﨑太志、FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)仙臺蔵三郎(ともに2年)、田中太陽(4年)らがいる。

BK(バックス)陣はSH伊藤光希、SO(スタンドオフ)/CTB(センター)中優人(ともに3年)、CTB佐藤侃太朗(2年)、CTB/FB江田優太(3年)、WTB(ウイング)太田匠海(4年)ら個々に能力の高い選手がそろう。

新人もPR(プロップ)石原捷聖(東海大大阪仰星)、CTB/WTB天羽究平(桐蔭学園)、WTB大畑咲太(東海大大阪仰星)らが加入して層が厚くなった。

2022シーズン、対抗戦で6位に入ったことで今春はBグループに入り、日本大学に勝利し、法政大学と接戦を演じるなど、力のあるところを見せた。夏合宿でさらにチームを強化し、対抗戦で5位までに入り、創部100周年となる節目のシーズンに大学選手権初出場を達成したい。

TEXT:斉藤健仁
※掲載情報は2023年8月31日時点

立教大学ジャージー

関東大学対抗戦 過去5年間の順位

2022年
6位
2021年
8位
2020年
7位
2019年
Bグループ1位
2018年
Bグループ1位

立教大学のコラム一覧

記事一覧はこちら

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります