法政大学 ラグビー部 チーム紹介

法政大学

TEAM INFORMATION

青と橙のジャージで知られる、関東大学リーグ戦最多となる13回の優勝を誇る名門・法政大学。3シーズン前からOBの新宮孝行氏が再び監督に就任。昨春はディフェンスに注力し、Bグループで2位。秋のリーグ戦では日本大学に勝利したが、上位チームに敗れて6位に終わり、5シーズン連続で大学選手権の出場は叶わなかった。

主将には1年からチームの中心として活躍するWTB(ウイング)/FB(フルバック)石岡玲英、そして副将にはLO(ロック)/FL(フランカー)渡部創太郎、板橋愛翔(いずれも4年)が就いた。今季の目標は、大学選手権へ出場可能となるリーグ戦優勝に設定し、スローガンを、起こりうるすべての事象に勝つという気持ちを込めて「勝気」と定めた。

リーダー陣の3人以外にも、FW(フォワード)にはPR(プロップ)/LO(ロック)竹部力、HO(フッカー)四元涼太、FL山下武準(いずれも4年)、U20日本代表で活躍したFL/NO8(ナンバーエイト)宮下晃毅(2年)がいる。

また、BK(バックス)にも、SH(スクラムハーフ)山脇一真、SO(スタンドオフ)熊田経道、CTB(センター)高城喜一(いずれも4年)、SO/CTB金侑悟(3年)、SH小山田裕悟、CTB田中大誠、FB/SH/SO北川拓来(いずれも2年)らが存在感を見せる。ルーキーのLO山内滉太(昌平)、CTB炭竃柚斗(報徳学園)らにも期待がかかる。

春季大会はBグループで1勝4敗と結果を残すことができず、失点も多かった。秋に向けて、ディフェンスの整備は急務だろう。来年、2024年に創部100周年を迎える。99年目の今季、持ち前のランニングラグビーを見せつつ、何としてもリーグ戦では3位以上に入って、2017年度以来となる大学選手権に出場したい。

TEXT:斉藤健仁
※掲載情報は8月31日時点

法政大学ジャージー

関東大学リーグ戦 過去5年間の順位

2022年
6位
2021年
6位
2020年
4位
2019年
6位
2018年
4位

法政大学のコラム一覧

記事一覧はこちら

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります