立正大学 ラグビー部 チーム紹介

立正大学

TEAM INFORMATION

2021シーズン、2部を全勝で駆け抜け、入替戦で専修大学を53-47で下して、2014年度以来の1部昇格を決めた立正大学。1999年以来、元日本代表SH(スクラムハーフ)堀越正己監督が指導している。

2022シーズンは昇格の勢いのまま、流通経済大学、東洋大学など上位チームと接戦を演じ、力のあるところを証明したが勝利できず、惜しくも初の大学選手権出場は叶わなかった。

PR(プロップ)佐藤大我、FL(フランカー)高口誠也、FLピエリッチ・シーバート、SO(スタンドオフ)/CTB(センター)ヴェイタタ・キニの4年生4人がリーダーを務めている。

FW(フォワード)は、PR/HO(フッカー)井川桃大朗(2年)、LO(ロック)八木崇太、冨野泰空、FL三浦類、NO8(ナンバーエイト)ユアン・ウィルソン(いずれも3年)らが中軸だ。

BK(バックス)は、SH(スクラムハーフ)越戸駿(3年)、CTB/FB(フルバック)山田雄己(2年)、CTB井村柊太、フルックス・ハインリッヒ(ともに2年)、SO/FB武田凱(3年)、WTB(ウイング)齊藤瑠海奈(4年)らが主力となる。

新人ではLO/NO8平尾晃太(大商大付属)、FL岩重拓海(大分東明)、FLヴィリケサ・リモリモ(クィーン・ビクトリア・スクール)らが、すでに春季大会で先発出場しており、PR原口凌河(大分東明)、PR赤木謙心(延岡星雲)、LO橋本優真(常翔学園)、SH宮川晴登(大分東明)、FB高橋遼成(日本大学高)らも出場を果たしている。

各ポジションで能力の高い選手がおり、春は多くの若手選手を起用した。春季大会Bグループでは2勝3敗と4位だったが、慶應義塾大学とは接戦になるなど、チーム力の底上げは図れたと言えよう。伝統となってきた「前に出るアタックとディフェンス」を体現し、今季こそ3位以内に入って大学選手権初出場という新たな歴史を刻みたい。

TEXT:斉藤健仁
※掲載情報は8月31日時点

立正大学ジャージー

関東大学リーグ戦 過去5年間の順位

2022年
5位
2021年
2部1位
2020年
2部3位
2019年
2部1位
2018年
2部5位

立正大学注目選手・選手名鑑

立正大学のコラム一覧

記事一覧はこちら

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります