成蹊大学 ラグビー部 チーム紹介

成蹊大学

TEAM INFORMATION

7月に創部100周年記念式典が行われた成蹊大学ラグビー部。2022シーズンは対抗戦Bグループで全勝優勝し、入替戦で日本体育大学を29-17で下して、Aグループに再昇格した。

節目の年にOBの宍戸太郎氏が新たに監督に就任し、OBで元キヤノンの藤本健友HC(ヘッドコーチ)らが、今季から指導している。スローガンは「BIG UP」となった。関係者、対戦校に敬意を込めつつ、日々、チーム、個人として成長するということを表現したという。

一貫体制の中でラグビーを経験し、スキルの高い選手が多い中、さらにスクラム、ラインアウトの専門コーチを招聘するなど、セットプレーの強化にも努めている。春季大会Cグループでは全敗したが、練習試合では勝利も収めるなど、チームの底上げはできているといえよう。

主将には成蹊中学・高校出身のCTB(センター)/FB(フルバック)髙島大聖が、副将にはFL(フランカー)井上雄太、SH(スクラムハーフ)末次真南斗(いずれも4年)が就いた。

他にもPR(プロップ)大館幸長、PR鈴木巽(いずれも4年)、HO(フッカー)金子颯馬(3年)、LO(ロック)君島遼(4年)、NO8(ナンバーエイト)鈴木太加良(2年)、SO(スタンドオフ)/FB菊本有真(2年)、SO/CTB小口鉄兵(3年)、WTB(ウイング)瀧澤日々輝(2年)、WTB松田彩(3年)、FB近藤大我(4年)らがいる。

新人は9人が入部した。付属高校からはLO佐藤耀士(成蹊)、FL佐土原陸(成蹊)の2人が加入し、他にもPR/HO林理樹人(崇徳)、LO石原秀康(日川)、LO/FL大野歩夢(保善)、FL/NO8青木梨駒(國學院栃木)、SO/CTB/WTB網田優作(茗溪学園)、WTB宮本寛隆(東海大相模)が加わりチーム力を底上げしている。

節目の年に、チーム力を上げて対抗戦の強豪に挑み、複数勝利を挙げて新たに強豪校への一歩を踏み出したい。

TEXT:斉藤健仁
※掲載情報は2023年8月31日時点

成蹊大学ジャージー

関東大学対抗戦 過去5年間の順位

2022年
Bグループ1位(Aグループ昇格)
2021年
Bグループ1位
2020年
Bグループ1位
2019年
8位(Bグループ降格)
2018年
8位

成蹊大学注目選手・選手名鑑

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります