トム・テイラー

Tom Taylor

トム・テイラー
  • 生年月日

    1989年3月11日

  • 出身

    ニュージーランド

  • 所属

    東芝ブレイブルーパス東京

  • ポジション

    SO(スタンドオフ)

  • 身長/体重

    186cm/90kg

  • 主な経歴

    バーンサイド高校→カンタベリー、クルセイダーズ、トゥーロン、ポー

  • 代表キャップ

    3(ニュージーランド)
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Instagram :@_tom.taylor_

COMMENT

オールブラックス3キャップを誇る経験豊富な大型司令塔

ラグビー一家に生まれ、6歳でラグビーを始める。地元カンタベリーでプレーし、U20ニュージーランド代表にも選ばれた。2009年には元オールブラックスのSOアーロン・クルーデン(コベルコ神戸スティーラーズ)らとともに、IRBジュニア世界選手権(現ワールドラグビーU20チャンピオンシップ)日本大会に出場し、優勝に貢献した。

2012年にクルセイダーズでスーパーラグビーデビューすると、キッカーとしても活躍。翌年の夏のニュージーランド代表スコッドに招集され、オーストラリア代表戦で初キャップを獲得し、11月の日本代表戦でもプレーした。2015年、フランス・バイヨンヌへの加入が決まるが、クラブが降格したため、トゥーロンへローン移籍。翌年、バイヨンヌとの契約を解除し、ポーに入団。4シーズンプレーしたのち、2020年から東芝でプレーしている。

昨季のトップリーグでは第5節のNTTコミュニケーションズ戦の先発1試合にとどまった。今季はプレースキッカーとしてはもちろんのこと、チームの司令塔としての活躍が大いに期待されている。

◆体育教師の父、ワーウィックは元オールブラックスのCTB(センター)で、24キャップを持ち、1987年第1回ワールドカップにも出場した。伯父マレーもオールブラックスの元SO。夫人との間に息子のボストン君がいる。カンタベリー、クルセイダーズ時代のチームメイト、CTBライアン・クロッティ(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)とも仲がいい。

TEXT by 斉藤健仁

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE