ジェイク・ ボール

Jake Ball

ジェイク・ ボール
  • 生年月日

    1991年6月21日

  • 出身

    イングランド

  • 所属

    NECグリーンロケッツ東葛

  • ポジション

    LO(ロック)

  • 身長/体重

    199cm/121kg

  • 主な経歴

    ゴードンスクール→フォース、スカーレッツ

  • ウェールズ代表キャップ

    50 ※2015・19年ワールドカップ代表
    ※2021年12月1日時点

  • SNS

    Twitter :@Jake_Ball4
    Instagram :@jakeballrugby

COMMENT

今季、新加入のウェールズ代表50キャップのリアルLO

イングランドで生まれたが、16歳の時に家族でオーストラリアのパースに移住した。 オーストラリアではクリケットの有望な選手でもあったが、2012年、20歳の時にラグビーに転向した。フォースでスーパーラグビーデビューをしたが、その年にウェールズのスカーレッツと3年契約し、ヨーロッパに戻った。

イングランド生まれだが、父がウェールズ出身だったため、2014年、シックスネーションズのウェールズ代表に選ばれると、アイルランド戦に途中出場。初キャップを獲得した。そのまま代表に定着し、翌2015年のワールドカップメンバーにも選出されて1試合に出場した。

2019年にもワールドカップに連続出場し、ジョージア戦ではPOM(プレーヤー・オブ・ザ・マッチ)を獲得する活躍も見せた。2021年のシックスネーションズで50キャップの節目を迎えた。

2020年はコロナ禍で、オーストラリアで暮らす家族のためにシーズン終了後にスカーレッツを退団することを決意した。だが、その後、2021年には新しく始まるリーグワンで、NECグリーンロケッツ東葛でプレーすることに決めた。

WTB(ウィング)シェーン・ウィリアムズ(元三菱重工)、CTB(センター)ハドレー・バークス(埼玉パナソニックワイルドナイツ)、CTBオーウェン・ウィリアムズ(元NTTドコモ)に続く、日本でプレーする4人目のウェールズ代表選手となる。

空中戦と接点で身体を張り続けるリアルLOだ。ラインアウト、スクラムで大きな柱となろう。ウェールズでは60キャップ以上ないと海外でプレーする選手は代表資格を失ってしまう。しかし、ボールは代表を完全に諦めているわけではなく、チャンスがあればいつでもプレーする準備はしているという。

◆スカーレッツに移籍する時、当時恋人だったクリスティ夫人は学業を諦めて一緒に渡欧した。2男2女の父。日本にきてインスタグラムを始めた。

TEXT by 斉藤健仁

STATS

※「情報」と表示されている場合、選択すると詳細を見ることができます。

データ提供:

STAR ATHELETE

ディビジョン1

カンファレンスA

カンファレンスB

SHARE