レース中の緊迫を楽しむ

もし雨が降ってきたならば......

SUPER GTのドライタイヤは溝が刻まれていないので、排水性が極端に悪く、ウェットコンディションには適しません。しかし、ちょい濡れと呼ばれる、小雨によって路面がわずかに湿った状態においては、高温を維持しているドライタイヤは案外グリップするもの。そこでどこまで踏ん張れるか、ドライバーの力量やメーカーの能力が試されることになります。しかし、強く降ってきた場合は、もう対処できなくなってしまうので、溝の刻まれたウェットタイヤを装着することとなります。雨が降れば、当然路面温度も低くなるため、発熱を促すために表面のゴムが柔らかめの傾向にあります。ちなみに、このウェットタイヤはメインポストで「WET」と記されたボードによる、ウェット宣言が出てからしか使えませんが、本当にポツリときた段階でもう出されます。「このぐらいなら、まだ大丈夫だろう」と勝手に判断されることはありませんので、ご安心を......。また、ウェットタイヤはマーキングされません。

もっとも、走行中の降雨ならタイヤだけで対処しますが、走行前から降っている場合は、むしろセッティングの変更による対処の方が効果的です。車高を上げたり、足回りを柔らかくしたり、ウィングを立てたりして、最適な状態とした上でコースに車両を送り出すのです。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります