レース中の緊迫を楽しむ

ペナルティとは

ペナルティには2種類あって、ドライビングスルーペナルティとは、ピットレーンに進入し、止まらずピットレーン出口からレースに復帰するというもの。ペナルティストップとは、ピットレーンに進入した後、ストップエリアに課せられた時間、停止するものです。自チームのピットで停止することできませんが、ストップエリアではエンジンを切らなくても良し。どちらになるかは案外曖昧で、「ドライビングスルーペナルティ、またはそれ以上」と記されているので、より重大な違反の時、ペナルティストップになって、時間も増えると考えていいでしょう。

どうしたらペナルティを課せられるか、まず分かりやすいのは反則スタートや黄旗無視、ピット作業違反やピットロードでの速度超過に対して。これらに接触などによる危険行為が加えられます。正直レースでは接触はつきもので、全部を全部ペナルティの対象とすることはできません。概して接触された相手に不利益が生じた場合に課せられると、考えてもいいでしょう。コースアウトさせてしまったり、強引にオーバーテイクを妨げてしまったり、という。なお、ペナルティを告げる黒旗がメインポストで提示された後、3周のうちに履行しないと失格となります。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります