チーム&ドライバー

#37 BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAM/ BMW・モトラッド・ワールドエンデュランスチーム

バイク
BMW M1000R
タイヤ
ダンロップ
クラス
EWC

1978年から始まった2輪ル・マン24時間レースでも、日本の鈴鹿8耐でも未だかつて日本車以外のオートバイが総合優勝を飾ったことはない。これは事実であり、耐久レースをするなら日本車でという定説の根拠になっている。そんな歴史に風穴を空けるかもしれないのがドイツのBMWだ。同社初のスーパーバイクBMW S1000RRがリリースされたのは2009年のこと。FIM世界耐久選手権でも速さを示してきたが、総合優勝を狙うにはやはりメーカーあげてのバックアップが欠かせないもの。そこで2019-20シーズンからはBMWのファクトリーチームが参戦。そしてついに今季からはBMWで初の「M」が冠されたオートバイ、M1000RRが登場した。初陣となったル・マン24時間では序盤に転倒したものの、追い上げて3位表彰台を獲得。速さはもちろん信頼性を備えたマシンに注目だ。

Driver Profile

マーカス・レイテルベルガー(ドイツ)

BMWに育てられたドイツ出身の若手ライダー。ドイツ選手権のトップライダーとして3度のスーパーバイククラス王者の経験を持つレイテルベルガーはスーパーバイク世界選手権、欧州スーパーストック世界選手権でもBMW使いとして活躍。2019年はスーパーバイク世界選手権に復活したファクトリーチームでトム・サイクスのチームメイトになった。2020年はアジア選手権にフル参戦の予定だったが、コロナ禍でシリーズは頓挫。2021年はFIM世界耐久選手権に集中して戦う。

イルヤ・ミハルチク(ウクライナ)

珍しいウクライナ出身のレーシングライダー。ドイツ選手権を主軸に腕を磨いてきたライダーで、2018年からはドイツ選手権・スーパーバイククラスにBMWから参戦し、18年、19年と2年連続でチャンピオンに輝いた。FIM世界耐久選手権にはファクトリーチームとして参戦が始まった2019-20シーズンから参戦。ボルドール24時間レースではいきなり3位表彰台を獲得した。

ハビアー・フォーレス(スペイン)

スーパーバイク世界選手権でも活躍したスペイン人ライダー。ニックネームのシャビを使うシャビ・フォーレスの方がファンには知られている。2016年に1戦だけMotoGPクラスに出場したことがあるものの、そのキャリアはスーパーバイク世界選手権で光り輝いた。2016年からドゥカティのサテライトチームで同選手権に参戦するとフル参戦1年目から3位表彰台を獲得。3年間で最高位2位を含む6度の表彰台を獲得するが、2019年は英国スーパーバイク選手権にホンダから参戦。同年に鈴鹿8耐にも参戦した。耐久の経験は決して多くはないが若いライダーを引っ張っていく強力な助っ人だ。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります