年間放送予定カレンダー

2024年 年間放送カレンダー

J SPORTSでは年間を通じて、世界各国で開催される国際主要サイクルロードレースを放送予定!
各レースの詳細はそれぞれのレース紹介ページにてご確認下さい。

1月
オーストラリア国旗
ツアー・ダウンアンダー

UCIワールドツアーでは唯一の南半球開催、サイクルシーズン開幕を告げる一戦。オーストラリア開催のレースのため、日本国内にいながら日中に生中継を見られる。オーストラリアの大地を表す「オークル(黄土)」色のリーダージャージをめぐって、熱い真剣勝負が繰り広げられる。

サウジアラビア国旗
アルウラー・ツアー
  • 開催日:2024年1月30日(火)〜2月3日(土)
  • 開催国:サウジアラビア

A.S.O.主催により2020年からスタートした中東ステージレース、サウジ・ツアーが2024年からアルウラー・ツアーに名称変更。アラビア半島の大部分を占める砂漠の国サウジアラビアを舞台に超高層ビルがそびえる首都リヤドを中心に郊外の砂漠や古城などを巡る。

2月
オマーン国旗
ツアー・オブ・オマーン
  • 開催日:2024年2月10日(土)〜14日(水)ハイライト
  • 放送日時:3月1日(金)午後10:00
  • 開催国:オマーン

2010年からスタートした中東で行われるステージレース。山岳ステージや個人TTなどが設定されており、歴代総合優勝者にはカンチェラーラやフルーム、ニバリが名を連ねる。

UAE アラブ首長国連邦 国旗
UAEツアー

アラブ首長国連邦で行われるステージレース。2018年まで開催されてきたドバイツアーとアブダビツアーが統合し、2019年よりUCIワールドツアーレースとしてシーズン序盤を彩る。

3月
イタリア国旗
ストラーデ・ビアンケ

ミラノ〜サンレモの前哨戦の意味合いを持ち、「白い道」と呼ばれる未舗装路を通るイタリア・トスカーナ州で開催されるワンデーレース。ゴール地点であるシエナ・カンポ広場への激坂はみもの。6番目のモニュメント候補として注目されている。

イタリア国旗
ストラーデ・ビアンケ ドンネ
  • 開催日:2024年3月2日(土)
  • 開催国:イタリア

UCI女子ワールドツアーの開幕戦、別名「ストラーデ・ビアンケ・ローザ」、2015年に初開催を迎え、男子同様にルートのおよそ4分の1がグラベルロード。

フランス国旗
パリ〜ニース

早春の地中海南仏リゾート都市、ニースを目指す8日間のステージレース。別名「太陽へ向かうレース」。リーダージャージがツール・ド・フランスと同じくマイヨ・ジョーヌなため「ミニ・ツール」とも呼ばれている。

ティレーノ〜アドリアティコ
イタリア国旗
ティレーノ〜アドリアティコ

イタリア語で「二つの海を結ぶレース」と呼ばれるステージレース。優勝者にはトロフィーとしてギリシア神話の海神ポセイドーンが使用する黄金の三叉槍が贈られる。ミラノ〜サンレモやジロ・デ・イタリアを占うレースとも言われている。

ミラノ〜トリノ
イタリア国旗
ミラノ〜トリノ
  • 開催日:2024年3月13日(水)
  • 開催国:イタリア

イタリアの2大都市であるミラノとトリノ、約200kmを結ぶ伝統の一戦、セミ・クラシック。イタリアのスポーツ紙である、ガゼッタ・デロ・スポルトと、ジロ・デ・イタリアを主催するRCSが共催している。

ミラノ〜サンレモ
イタリア国旗
ミラノ〜サンレモ

1907年に産声を上げた歴史あるワンデーレース。イタリア語で春を意味する「プリマヴェーラ」の愛称を持ち、走行距離は約300kmにもおよび数あるワンデーレースの中でも最長クラス。スプリンターに有利なコース設計が魅力の一つ。過去にはカニバル(人食い)ことエディ・メルクスが7度の優勝を飾った。

ボルタ・ア・カタルーニャ
スペイン国旗
ボルタ・ア・カタルーニャ

スペイン北東部のカタルーニャ州を舞台にした1911年から開催されている7日間のステージレース。その歴史はブエルタ・ア・エスパーニャより古い。地中海岸コスタ・ブラバとピレネー山脈とを舞台に繰り広げられる別名「カタルーニャ一周」。

ロンド・ファン・フラーンデレン
ベルギー国旗
ロンド・ファン・フラーンデレン

モニュメントの最高峰ロンド・ファン・フラーンデレン、ベルギー北部の過酷なレースの中でも最も険しいコースレイアウト、250kmを超える長い距離と連続して押し寄せる石畳の壁が選手たちを容赦なく振り落とす。

4月
パリ〜ルーベ ファム
フランス国旗
パリ〜ルーベ ファム
  • 開催日:2024年4月6日(土)
  • 開催国:フランス

フランス北部の石畳"パヴェ"を走るUCI女子ワールドツアー第3戦。女子版第1回開催は2021年でエリザベス・ダイグナンがラスト82kmを独走し初代女王に輝く。

パリ〜ルーベ
フランス国旗
パリ〜ルーベ

ワンデーレースの中では最も格式あるレース、「モニュメント」の一つであり、「クラシックの女王」と呼ばれる。総延長で50km前後にも及ぶ石畳"パヴェ"や、泥や土埃が落車やメカトラブルを引き起こし、選手たちを苦しめる。あまりの過酷さに「北の地獄」という異名も持つ。

フレーシュ・ワロンヌ
ベルギー国旗
フレーシュ・ワロンヌ

自転車大国ベルギーのワロン地域を走るワンデーレース。距離は200km程度とクラシックレースの中では短めの距離だが、厳しい丘陵地帯の連続が選手たちを苦しめる。なかでも「ユイの壁」と呼ばれる最大勾配20%を超える激坂が勝敗を決める大きな見どころとなっている。

フレーシュ・ワロンヌ フェミニーヌ
ベルギー国旗
フレーシュ・ワロンヌ フェミニーヌ
  • 開催日:2024年4月17日(水)
  • 開催国:ベルギー

毎年4月にベルギーのワロン地方で開催される男子のラ・フレーシュ・ワロンヌと同日に開催されるUCI女子ワールドツアー、激坂「ユイの壁」で勝敗が決する。

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
ベルギー国旗
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ

ベルギーのワロン地域を走るワンデーレース。春のクラシックシーズンの最後を飾るレースで、ワロン地方の新緑に染まった美しい丘陵地帯を選手たちが走る。1892年から行われている最も歴史あるワンデーレースであり、Doyenne(ドワイエンヌ=最古参)と呼ばれている。

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ ファム
ベルギー国旗
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ ファム
  • 開催日:2024年4月21日(日)
  • 開催国:ベルギー

2017年に初開催を迎えた女子版「リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ」、初代女王はアンナ・ファンデルブレッヘン。女子アムステル・ゴールドレース、ラ・フレーシュ・ワロンヌ フェミニーヌと共にアルデンヌクラシックのトリオの開催となった。

ツアー・オブ・ターキー
トルコ国旗
ツアー・オブ・ターキー ロゴ
ツアー・オブ・ターキー
  • 開催日:2024年4月21日(日)〜28日(日)ハイライト
  • 開催国:トルコ

トルコ大統領府がメインスポンサーを務めるUCI Proシリーズのステージレース、ツアー・オブ・ターキー。地震の影響で秋開催となっていたが、2024年より再び4月開催へ。

ラ・ブエルタ フェメニーナ
スペイン国旗
ラ・ブエルタ フェメニーナ ロゴ
ラ・ブエルタ フェメニーナ
  • 開催日:2024年4月29日(月)〜5月5日(日)
  • 開催国:スペイン

UCI国際自転車競技連合が女子プロレースの整備・活性化を進める流れの中で、2015年に誕生した女子版ブエルタ・ア・エスパーニャ。

5月
エシュボルン・フランクフルト
ドイツ国旗
エシュボルン・フランクフルト ロゴ
エシュボルン・フランクフルト

1962年に創設されたレースであり、毎年5月1日(メーデー)に開催される。別名、フランクフルト・グランプリとも呼ばれ、「セミ・クラシックレース」として位置づけられているため、有力選手が集結する。

ジロ・デ・イタリア
イタリア国旗
ジロ・デ・イタリア ロゴ
ジロ・デ・イタリア
  • 開催日:2024年5月4日(土)〜26日(日)
  • 開催国:イタリア

イタリアを舞台に開催されるシーズン最初のグランツール。ツール・ド・フランスに比べ勾配の厳しい坂を登る山岳ステージが多いのが特徴。ピンク色のジャージ「マリア・ローザ」を賭けてトップ選手たちがしのぎを削る。

ツール・ド・ハンガリー
ハンガリー国旗
ツール・ド・ハンガリー ロゴ
ツール・ド・ハンガリー
  • 開催日:2024年5月8日(水)〜12日(日)ハイライト
  • 開催国:ハンガリー

1925年初開催の歴史を誇る、中央ヨーロッパのハンガリーを舞台にしたステージレース。

6月
クリテリウム・デュ・ドーフィネ
フランス国旗
クリテリウム・デュ・ドーフィネ

ドーフィネ地方を中心とした南フランスを舞台にしたステージレース。アルプス山脈を中心とする山岳コースが魅力。ツール・ド・フランスでも同じコースが使用されるケースが少なくないため、ツールを目指す選手たちが最終調整のためにこぞって集結する。

日本国旗
全日本自転車競技選手権大会 ロードレース JCFロゴ
全日本自転車競技選手権大会 ロードレース
  • 開催日:2024年6月 ※放送はハイライト
  • 開催国:日本

日本一を決める全日本自転車競技選手権大会ロードレース、日の丸をあしらったナショナルチャンピオンジャージを巡る熱い戦いに注目!

ツール・ド・フランス
フランス国旗
ツール・ド・フランス ロゴ
ツール・ド・フランス
  • 開催日:2024年6月29日(土)〜7月21日(日)
  • 開催国:フランス

世界の三大スポーツイベントといわれるツール・ド・フランス。総合優勝の証「マイヨ・ジョーヌ」に袖を通すため、 有力選手達が熱い火花を散らす。美しいコース、沿道の熱狂的なファン、そしてその中を疾走する選手たち。その全てが世界最高峰!

8月
アークティックレース・オブ・ノルウェー
ノルウェー国旗
アークティックレース・オブ・ノルウェー ロゴ
アークティックレース・オブ・ノルウェー
  • 開催日:2024年8月4日(日)〜7日(水)
  • 開催国:ノルウェー

アークティックとは「北極」という意味で、レースが行われるノルウェー北部は北極圏に入っており、北極に最も近いレースという意味がレース名称に込められている。過去には山岳賞を獲得した選手に副賞としてサーモン500kgが贈られていた。現在は孔雀の羽根をモチーフとしたジャージ。

クラシカ・サンセバスティアン
スペイン国旗
クラシカ・サンセバスティアン ロゴ
クラシカ・サンセバスティアン

「ビスケー湾の真珠」として知られるスペインのバスク地方・サンセバスティアンが舞台。美しいビーチリゾートでもありながら厳しい山々にも囲まれており、アップダウンが激しいコースレイアウトが特徴。優勝者にはベレー帽が授与される。

ツール・ド・フランス ファム
フランス国旗
ツール・ド・フランス ファム
     ロゴ
ツール・ド・フランス ファム
  • 開催日:2024年8月12日(月)〜18日(日)
  • 開催国:フランス

世界最大のレースである「ツール・ド・フランス」の名を冠した新たな女子レース。UCI女子ワールドツアーのひとつとして8日間にわたり開催される。今年はブエルタ・ア・エスパーニャ(男子)の直前へと日程を調整。

ブエルタ・ア・エスパーニャ
スペイン国旗
ブエルタ・ア・エスパーニャ ロゴ
ブエルタ・ア・エスパーニャ
  • 開催日:2024年8月17日(土)〜9月8日(日)
  • 開催国:スペイン

スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。険しいピレネー山脈、シエラネバダ山脈を巡り、果てのない荒野、灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは進んでゆく。

ドイツ・ツアー
ドイツ国旗
ドイツ・ツアー ロゴ
ドイツ・ツアー
  • 開催日:2024年8月21日(水)〜25日(日)ハイライト
  • 開催国:ドイツ

北ドイツの主要都市のひとつ、ハノーファーを起点に開幕。1931年に初開催された歴史あるステージレース。2008年を最後に長らく中止されてきたが2018年に復活。

9月
UCI世界選手権大会
スイス国旗
UCI世界選手権大会 ロゴ
UCI世界選手権大会

ナショナルチームによって競われる世界最高峰のワンデーレース。優勝者には世界チャンピオンの証、マイヨ・アルカンシェルが与えられる。

10月
ツアー・オブ・クロアチア
クロアチア国旗
ツアー・オブ・クロアチア ロゴ
ツアー・オブ・クロアチア
  • 開催日:2024年10月1日(火)〜6日(日)ハイライト
  • 開催国:クロアチア

東ヨーロッパはバルカン半島にあるクロアチアを舞台にしたステージレース。4月に開催されていたが、2019年から秋にレースが行われるようになった。

パリ〜トゥール
フランス国旗
パリ〜トゥール ロゴ
パリ〜トゥール
  • 開催日:2024年10月6日(日)
  • 開催国:フランス

ヨーロッパのロードシーズン最終戦と称されるワンデーレース。起伏の少ないコース設定は、ワンデーレースならではの駆け引きの醍醐味を感じることができる。2018年から組み込まれたぶどう畑の小道(未舗装路)もレースを動かす鍵となる。

グラン・ピエモンテ
イタリア国旗
グラン・ピエモンテ ロゴ
グラン・ピエモンテ
  • 開催日:2024年10月10日(木)
  • 開催国:イタリア

アペニン山脈を舞台とするワンデーレース。イル・ロンバルディアの前哨戦という位置づけでも注目される大会。

イル・ロンバルディア
イタリア国旗
イル・ロンバルディア ロゴ
イル・ロンバルディア

別名「落ち葉のクラシック」と呼ばれるイタリア北部のロンバルディア州を舞台としたモニュメント。アルプスの麓コモ湖とベルガモをつなぐコースレイアウト、サイクリストの聖地マドンナ・デル・ギザッロ教会を通過する。クライマー向きのコース設計から「クライマーズ・クラシック」とも呼ばれる。



※各レース日程及び放送予定は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります