レースの見どころ

2017年からUCIワールドツアーに昇格し、毎年5月1日のメーデーに開催される別名フランクフルト・グランプリ。創設60年目の節目を迎えた前回大会では、なみいるビッグネームを蹴散らし、当時23歳のヤスパー・フィリプセンが初出場にして大いなる栄光を掴んだ。「どうやって勝てたのか自分でも分からない。レース中盤で体力が空っぽになり、最終周回は脚が痙攣し始めた。でも今日の僕は、意欲を、決して失わなかったんだ」(フィリプセン) プロトンは32km地点で1度目の中間スプリントを経て登坂ゾーンに足を踏みれる。フェルトベルク(11km/平均勾配4.8%%)にはじまり、通例的に4度通過するマンモルシャイン(登坂距離2.3km、平均勾配8.2%)らアップダウンを繰り返し、ラスト40kmは平坦な市街地サーキット。スプリンターによる白熱のバトルが今年も見られるだろう。 今大会も2011年王者のジョン・デゲンコルブや、2014〜2018年王者のアレクサンダー・クリストフ(2015年大会は中止)、2019年王者パスカル・アッカーマンなど、過去にこの大会を制した3人の現役選手が王座奪還を目論み集結する(予定)。その他にも、プレスタートリストにはジャコモ・ニッツォーロなどビッグネームが名を連ねる。21歳の若さでヘント〜ウェヴェルヘムを制し、アフリカ人ライダーとして期待を背負うエリトリア人のビニアム・ギルマイも出場を予定している。

もっと見る

ルートガイド

  1. ROUTE

    2022年5月1日午後9:00 ~ 深夜1:45

    • ルートマップ

    • コースプロフィール

レース結果・ハイライト動画

個人総合順位
  • 1
    サム・ベネット
    アイルランド
    ボーラ・ハンスグローエ
  • 2
    フェルナンド・ガビリア
    コロンビア
    UAEチームエミレーツ
  • 3
    アレクサンダー・クリストフ
    ノルウェー
    アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ
  • レースハイライト

レース動画

PICK UPファンの皆さんにたくさん視聴された動画

その他の動画

Twitter関連情報

HOW TO ご視聴方法

オンデマンドで見るなら
  • いつでもどこでも視聴できる! J SPORTS オンデマンド 詳細はこちら

    ※配信コンテンツは放送番組とは異なります。
    配信予定をご確認ください

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります