レースの見どころ

1907年に産声を上げた歴史あるワンデーレス。イタリア語で春を意味する「プリマヴェーラ」の愛称を持つ。伝統と格式の高い「モニュメント」と呼ばれるクラシックレースの一つであり、その中でも「クラシチッシマ」(クラシックの中のクラシック)との別名を持つ。過去にはカニバル(人食い)ことエディ・メルクスが7度の優勝を飾ったが、現役の中で2度勝った選手はいない。最後の連覇はエリック・ツァベルの2000・2001年に遡る。それだけ「勝ちパターン」に持ち込むのが難しいレースということなのかもしれない。全長293kmのレースは、ミラノのヴィゴレッリ競輪場からスタートし、110年以上続く古典的なルートを通ってサンレモを目指す。終盤には勝負どころとなる上り坂、チプレッサ(登坂距離5.6km、平均勾配4.1%、最大9%)とポッジオ(3.7km、3.7%、8%)が待ち受ける。いずれも勾配や難易度はそれほど高くないものの、スプリンターが主導権を握るか、それともパンチャーやクライマーが事を有利に運ぶか、勝利を呼び込みたいそれぞれの思惑が交錯する。昨大会は、ポッジオを下り切った瞬間、優勝候補たちが牽制状態に入った一瞬の隙を突いてアタックを仕掛けたヤスパー・ストゥイヴェンがキャリア最大の勝利を掴んだ。そのヒリヒリする心理戦はロードレースの面白さをこれでもかと見せつけた。今シーズンも、ディフェンディングチャンピオンのヤスパー・ストゥイヴェンはもちろん、ワウト・ファンアールトやジュリアン・アラフィリップなど、有力選手たちが出場を予定している。今シーズン最初のモニュメントを制するのは誰だ。

もっと見る

前回大会のハイライト

  • 2021年大会

ルートガイド

  1. STAGE

    2022年3月19日(土)午後9:00 - 深夜2:00

    • コースプロフィール

    • ルート

    • スタート/フィニッシュ

    • 上り坂詳細

    • フィニッシュ

    • タイムスケジュール

レース結果・ハイライト動画

個人総合順位
  • 1
    マテイ・モホリッチ
    スロベニア
    バーレーン・ヴィクトリアス
  • 2
    アントニー・テュルジス
    フランス
    トタルエネルジー
  • 3
    マチュー・ファンデルプール
    オランダ
    アルペシン・フェニックス
その他の選手の順位はこちら

大会公式サイトに遷移します。

レース動画

PICK UPファンの皆さんにたくさん視聴された動画

その他の動画

コラム

Twitter関連情報

HOW TO ご視聴方法

オンデマンドで見るなら
  • いつでもどこでも視聴できる! J SPORTS オンデマンド 詳細はこちら

    ※配信コンテンツは放送番組とは異なります。
    配信予定をご確認ください

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります