ドゥクーニンク・クイックステップ チーム詳細

UCI World Team
ベルギー

ドゥクーニンク・クイックステップDECEUNINCK - QUICK STEP

ドゥクーニンク・クイックステップ
INTRODUCTION
スポンサー
DECEUNINCK(建材メーカー)、QUICK STEP(床材メーカー)
チーム
Webサイト
https://www.deceuninck-quickstep.com/en
Twitter
@deceuninck_qst
Instagram
deceuninck_quickstepteam
チームリスト
(UCI公式サイト)
https://www.uci.org/road/teams/

アフターコロナの時代も、ウルフパックが常勝軍団であることに変わりはない。さすがに2018年73勝、2019年70勝には遠く届かなかったが、2022年も39勝。もちろんワールドチームの中では最多勝利だ。所属30選手中なんと15人が両手を上げたことになる。中でもサム・ベネットがツール区間2勝を上げ、チーム史上2枚目のマイヨ・ヴェールをもたらした。ホアン・アルメイダのマリア・ローザ15日間着用もまた、大きな成果のひとつ。

2020年は残念ながら不幸な事故が相次いだシーズンでもあった。開幕から4勝と調子の良かったファビオ・ヤコブセンが、ポーランド初日に衝撃的な落車事故。参加した4つのステージレースでことごとく総合優勝をさらった神童レムコ・エヴェネプールは、ロンバルディアで転落事故。そしてついに世界チャンピオンに上り詰めたジュリアン・アラフィリップは、フランドルでオートバイとの接触事故。

人員を3分の1以上も入れ替えた昨季とは異なり、今年は離脱1人・加入2人と移籍は極めてミニマムに済ませた。ただ加入2人のうち1人は、かつて「最強」の名をほしいままにしたマーク・カヴェンディッシュ。グランツール区間48勝のスプリンターは、2018年2月8日以来勝利から遠ざかっているが、6年ぶりの古巣復帰で果たして勝利勘が蘇るか。

それ以外はつまりチーム体制も目標も2020年とほぼ変わらない。春は平坦・石畳・起伏&セミクラシックからモニュメントまで、ありとあらゆるワンデーで優勝本命。ツールはアラフィリップとベネットで大量区間勝利を狙う。前述の落車でジロに出られなかったエヴェネプールは、今年のジロでいよいよグランツールデビューを果たし、アルメイダはブエルタで本格的に総合争いにチャレンジだ。

text:宮本あさか

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります