マーク・カヴェンディッシュ

DECEUNINCK - QUICK-STEP
イングランド

マーク・カヴェンディッシュMark CAVENDISH

マーク・カヴェンディッシュ
PROFILE
チーム
ドゥクーニンク・クイックステップ
生年月日
1985年5月21日
身長/体重
175cm/69kg
国籍
イギリス
twitter
@markcavendish
Instagram
markcavendish
  • Past results:
  • 世界選手権ロード:2011年優勝
  • ジロ・デ・イタリア:2013年ポイント賞、区間通算15勝
  • ツール・ド・フランス:2011年ポイント賞、区間通算30勝
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ:2010年ポイント賞、区間通算3勝
  • 2005年・2008年・2016年トラック世界選手権マジソン優勝
  • 2009年ミラノ〜サンレモ優勝
  • 2013年国内選手権ロード優勝
  • 2017年アブダビ・ツアー ポイント賞
  • 2018年ドバイ・ツアー区間優勝
  • 2021年ツアー・オブ・ターキー区間優勝

ツール・ド・フランス区間30勝は現役最多にして史上2位。グランツール区間通算48勝はやはり現役最多で史上3位タイ。3つのグランツールすべてでポイント賞受賞は現役唯一で史上5人目。ロードでもトラックでも世界チャンピオンの座に上り詰め、ミラノ〜サンレモでモニュメントタイトルも獲得。しかも4年連続でシャンゼリゼ区間をさらい取り、「現役最強」スプリンターの名をほしいままにしてきた。


だからこそ昨ヘントで逃げに乗った後に「これが最後のレースかもしれない」と泣き崩れた姿に、多くのファンが胸を痛め、現チームへの移籍が「自分の給料を払ってくれるスポンサーは自分で見つけてくること」という条件付きだったと知ると、関係者は衝撃を隠せなかった。多くのメディアが、6年ぶりの古巣復帰を、「引退するための花道作り」と書き立てた。


2017年からエプスタイン・バーウイルス感染を長らく患い、昨季はうつ病にも苦しんだ。2018年2月8日にキャリア146勝目を上げて以来、長らく勝利からは遠ざかっている。それでもカヴは現役に、勝利に、執着する。「最低でもあと1回、両手を天に投げ出したい」と、強く願い続けている。

text:宮本あさか 写真:©Deceuninck – Quick-Step Cycling Team