ジュリアン・アラフィリップ

DECEUNINCK - QUICK STEP
フランス

ジュリアン・アラフィリップJulian ALAPHILIPPE

ジュリアン・アラフィリップ
PROFILE
チーム
ドゥクーニンク・クイックステップ
生年月日
1992年6月11日
身長/体重
173cm/60kg
国籍
フランス
twitter
@alafpolak
Instagram
alafpolak
  • Past results:
  • 世界選手権ロード:2020年優勝
  • ツール・ド・フランス:2018年山岳賞、2019年総合敢闘賞、区間通算5勝
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ:区間通算1勝
  • 2016年ツアー・オブ・カリフォルニア総合優勝
  • 2018年フレッシュ・ワロンヌ優勝、クラシカ・サンセバスティアン優勝、ツアー・オブ・ブリテン総合優勝
  • 2019年ストラーデ・ビアンケ優勝、ミラノ〜サンレモ優勝、フレッシュ・ワロンヌ優勝
  • 2021年ティレーノ〜アドリアティコ区間優勝、フレッシュ・ワロンヌ優勝

2019年はマイヨ・ジョーヌ14日間で国民的スターとなり、2020年はフランスに23年ぶりに世界選ロードタイトルを持ち帰り、まさしく英雄になった。年間最優秀自転車選手賞はログリッチにさらわれたが、仏国内では代わりに「年間最優秀フランス人アスリート」や「仏チャンピオン中のチャンピオン」にその名が踊った。大晦日には仏公営放送局で、「今年の顔」として特別インタビューさえ放映された。


かつてはむしろ2位ハンターだった。プロ2年目、22歳にして初出場フレーシュ・ワロンヌ2位、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ2位。その後のツアー・オブ・カリフォルニアでも総合2位。翌2016年フレーシュも2位だったし、初出場ツールも2日目2位で、その後5日間に渡り総合2位のまま。


いつだってハンドルを叩いて悔しがったものだ。しかし2018年ついにフレーシュを射止めると、快進撃が始まった。夏のツールでは区間2勝に山岳賞を持ち帰り、翌19年はミラノ〜サンレモでモニュメント勝者にさえなった。そして栄光のツールへと続く……。


自らを「ハイパーアクティブ」と称し、うっかり屋さんなのは王者になっても相変わらず。昨ツール第5ステージの許可ゾーン外での補給→降格→マイヨ・ジョーヌ損失事件しかり、リエージュでのアルカンシェル姿でのガッツポーズ事件しかり(最終的に5位)。2021年中にはパパになるのだから、そろそろ貫禄がつくだろうか?


今年はまずはリエージュまで全力で突っ走る予定。その後のことはその後に考えるそうだ。ただ、いつも繰り返しているように、ツールの総合は「狙わない」。

text:宮本あさか 写真:©Deceuninck – Quick-Step Cycling Team