レムコ・エヴェネプール

DECEUNINCK - QUICK STEP
ベルギー

レムコ・エヴェネプールRemco EVENEPOEL

レムコ・エヴェネプール
PROFILE
チーム
ドゥクーニンク・クイックステップ
生年月日
2000年1月25日
身長/体重
171cm/61kg
国籍
ベルギー
twitter
@EvenepoelRemco
Instagram
remco.ev
  • Past results:
  • 2018年世界選手権ジュニアロード・個人タイムトライアル優勝、欧州選手権ジュニアロード・個人タイムトライアル優勝、国内選手権ジュニアロード・個人タイムトライアル優勝
  • 2019年ブエルタ・ア・サンフアン新人賞、バロワーズ・ベルギー・ツアー総合優勝&ポイント賞、クラシカ・サンセバスティアン優勝、欧州選手権個人タイムトライアル優勝
  • 2020年ブエルタ・ア・サンフアン総合優勝&新人賞、ヴォルタ・アン・アルガルヴェ総合優勝&新人賞、ブエルタ・ア・ブルゴス総合優勝&新人賞、ツール・ド・ポローニュ総合優勝

伝説の新たなる章は、2021年から始まる。元U17サッカーベルギー代表キャプテンは、17歳の春に自転車へと転向して以来、空前絶後の活躍を続けてきた。わずか1年半後にジュニア世界選手権ロード&個人タイムトライアル両制覇。その翌年18歳でプロ入りし、瞬く間にプロ初勝利→プロ初総合勝利→ワンデークラシック優勝→欧州エリート個人タイムトライアル優勝と常識をはるかに超えた好成績を連発した。


まるでスーパーヒーロー並の快進撃は、昨季プロ2年目はさらにパワーアップ。出場した4つすべてのステージレースで総合優勝を果たし、つまり「負けなし」で人生初のモニュメントへ乗り込んだのだ。


その8月15日のイル・ロンバルディアが、神童の足を止めた。ダウンヒル中に崖下へ転落し、骨盤骨折と右の肺挫傷でシーズン強制終了。ちなみに走行日数たったの23日で、2020年の勝利数ランキング3位タイの9勝を叩き出している!


それにしても回復力さえ怪物レベル。事故からわずか5日後にリハビリを開始し、約1ヶ月後にはホームトレーナーでの練習再開。10月序盤には屋外トレーニングを始め、11月には早くもスペインへと個人合宿に出かけてしまった。ただ今年1月の時点では「ちいさな痛みを感じるし、いまだ100%ではない」と告白。自転車練習を一旦停止しリハビリに打ち込んだ後、2月半ばには再び「普通通り」の走行ができるようになった。


予定通り行けば復帰1戦目はジロ・デ・イタリア。すると21歳で生まれて初めて挑むグランツールの、初日個人タイムトライアルから、新たな連戦連勝記録に突入するのかもしれない。

text:宮本あさか 写真:©Deceuninck – Quick-Step Cycling Team