田中 広輔

Player

写真提供:広島東洋カープ

選手名鑑

田中 広輔

田中 広輔

たなか・こうすけ

  • 生年月日

    1989年7月3日

  • 出身

    神奈川県

  • ポジション

    内野手

  • 身長/体重

    171cm/84kg

  • 主な経歴

    東海大付相模高→東海大→JR東日本→広島

  • 血液型

    A型

  • 投・打

    右・左

  • 推定年俸

    1億5000万円

  • 2021年成績

    試合
    81
    打数/安打
    136/28
    本塁打
    2
    打点
    8
    盗塁
    1
    打率
    .206
  • 情報提供:ベースボール・タイムズ

選手紹介

プロ1年目の2014年から三塁手、遊撃手として活躍。プロ4年目の2017年には盗塁王と最高出塁率のタイトルを同時に獲得するなど、2016年からのリーグ3連覇に大きく貢献した選手のひとり。守備面でも2018年には念願のゴールデン・グラブ賞を獲得するなど、同学年の菊池涼介と共に攻守の要として存在感を放ち続けた。

順調だったプロ生活が一転したのは2019年。シーズン開始直後から極度の不振に陥り、右ヒザの故障も重なったことで、フルイニング連続出場記録と連続試合出場記録がストップ。手術を決断し、シーズン途中でチームを離脱した。

ケガからの復帰を果たした2020年は、高い出塁率と堅実な守備、そして選手会長としてチームを牽引。オフには取得した国内FA権を行使せずにカープに残留した。この年から就任した河田雄祐ヘッドコーチからキーマンとして名前をあげられるなど期待されたが、開幕以降、打撃の調子が上向かず、徐々にベンチを温めることが多くなった。結果的にプロ3年目の小園海斗に定位置を奪われ、プロ入り最少の81試合出場に終わった。

今季は選手会長のバトンを大瀬良大地に渡し、もう一度、純粋に野球と向き合う。目指すは、ショートのレギュラーの座を奪い返すこと。円熟みを増したプロ9年目の背番号2は、その時を虎視眈々と狙っている。

Text by 広島アスリートマガジン
※データは2022年2月28日時点

選手アンケート

  • Q.野球をはじめたきっかけ
    (例:兄の影響など)

    父の影響

  • Q.特にこだわっている野球道具、そのこだわりポイント

    スパイク

  • Q.プロに入って「やっぱあの選手凄いな」と思った選手、その理由も 
    ※チーム問わず

    チーム・選手名:千葉ロッテ 鳥谷敬選手
    理由:ショートで試合に出続けて、しっかりと結果を残している

  • Q.人生で印象に残っている試合
    ※小学生~プロ現在含め

    2020年の開幕戦

  • Q.野球以外で趣味やマイブーム
    (最近はまっていること)

    Netflix鑑賞

  • Q.好きな食べ物・苦手な食べ物

    好きな食べ物:なんでも
    苦手な食べ物:なし

  • Q.自分を人間以外の動物で例えると?
    (犬、猫など)その理由も

    ご想像にお任せします

一覧ページへ戻る

オンデマンド番組

現在、オンデマンド配信はありません。

オンデマンド一覧はこちら