玉村 昇悟

Player

写真提供:広島東洋カープ

選手名鑑

玉村 昇悟

玉村 昇悟

たまむら・しょうご

  • 生年月日

    2001年4月16日

  • 出身

    福井県

  • ポジション

    投手

  • 身長/体重

    177㎝/81kg

  • 主な経歴

    丹生高→広島

  • 血液型

    A型

  • 投・打

    左・左

  • 推定年俸

    1200万円

  • 2021年成績

    登板
    17
    投球回
    101回
    勝敗
    4勝7敗
    ホールド/セーブ
    0/0
    奪三振
    67
    防御率
    3.83
  • 情報提供:ベースボール・タイムズ

選手紹介

高校時代、福井県の県大会で大会記録を更新する52奪三振を記録し注目を集めた。2019年ドラフト6位でカープに入団。プロ1年目は、シーズンの大半を三軍での体力づくりに費やす。シーズン終了後に行われたフェニックス・リーグでは、5試合に登板し、13回を投げて防御率2.08、16奪三振。先発・リリーフ問わず好投し、首脳陣へのアピールに成功した。

2年目の昨季は、二軍で3試合に先発し、2勝0敗、防御率2.12と結果を残したことで、4月29日に一軍に昇格。同日のDeNA戦で、先発としてプロ初登板。同じくプロ初先発マスクをかぶった石原貴規との「初先発バッテリー」で臨んだが、5回5被安打2四球5失点で黒星デビューとなった。しかし、以降も先発として登板を重ねると、6月18日のDeNA戦でプロ初勝利。一軍で17試合に登板し、4勝7敗、防御率3.83と、高卒2年目としては及第点以上の結果を残した。

オフには、大リーグでのプレー経験もあるソフトバンクの和田毅と自主トレを行い、投球術に磨きをかけた。体も大きくして臨む今シーズン、先発ローテーションを勝ち取り、規定投球回到達を目指す。愛称は“タマちゃん”。福井訛りが残る癒し系左腕として、ブレイクを果たしたい。

Text by 広島アスリートマガジン
※データは2022年2月28日時点

オンデマンド番組

現在、オンデマンド配信はありません。

オンデマンド一覧はこちら